退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

ネグンドカエデの美しさに一目惚れ

ネグンドカエデに出会ったのは、10年以上前に帯広の真鍋庭園でした。そのピンクの美しさに魅せられました。その後、京極に「ようていガーデン」を始めることになって、早速早来の川原花木園の農場に行ってピンクのネグンドカエデ・フラミンゴ(340)を購入して、ホワイトガーデンの奥に植えました。どんどん大きくなって、毎年春先の芽吹きを楽しみにしてきました。それが、突然一昨年枯れてしまったのです!その年には、大きくなってきたプンゲンスや紅葉の美しいモミジ、モンタナマツなど沢山の木が枯れました。原因はヤチネズミでした。少しずつネズミの被害は増えていたので警戒していたのですが、まさかこんなに大きくなってから噛まれるとは思っていなかったので、根元しか金網をかけていませんでした。春先の雪解け頃に、金網の上を噛まれて環状剥離状態になったのです。
d0143719_8483825.jpg

数年前に購入したフラミンゴは、現在無事にホワイトガーデンの中で生育していますが、まだまだブッシュ状態を脱していません。
d0143719_8524340.jpg

6年前に行ったチェルシー・フラワーショーでは、フラミンゴを使ったモデルガーデンが見事でした。英国では、ほとんどのガーデンでフラミンゴを効果的に使っていました。
d0143719_8553322.jpg

ネグンドカエデ・バリエガータ(341)は、ピンクでなく白の斑入りの品種です。こちらはネズミの被害もなく、元気に育っています。なお、右側のピンクの花は、ミソハギ(342)です。開花期間の長い丈夫な宿根草で、昨年、これから沢山の挿し木苗を養成して、今年はあちこちで咲き始めました。
d0143719_858178.jpg

斑入りノブドウ(343)もなかなか良いものですが、パーゴラに誘引しようとしたのですが、ブッシュ状態のまま3年目を迎えています。
d0143719_944221.jpg

さて、現在、実のなりかけた小果樹をいくつか紹介します。
ハスカップを前に紹介しましたが、ブルーベリー(344)も色づき始めました。毎年、雪害で枝折れがひどくて困っています。
d0143719_98616.jpg

カーランツ(345)も雪害を受けて、なかなかジャムを作れるほどにはなりません。以前に、ポーランドに行った時に、朝食に必ずブッラック・カーランツのジャムが出ていて美味しかったので、ジャムを作ったことがありましたが、種子が多くて閉口しました。
d0143719_9132026.jpg

キイチゴ(346)も、まだジャムを作れるほどにはなりません。現在開花中のブラックベリーは、今年は沢山開花しているので期待しています。
d0143719_9155082.jpg

ブルーベリーを小さくしたような実がなるエルダーベリー(347)も雪害で思ったようには成長しません。京極では果樹類が雪害やネズミ、ウサギののために成長が抑制されて思ったようには収穫できないのが悩みの種です。
d0143719_921150.jpg

最後に、樹木類ではありませんが、宿根スイートピーを紹介します。今年もあちこちでつるを伸ばして咲き出しました。まず、白色の宿根スイートピー・パール・ホワイト(348)です。放任状態にしていますが、広がりすぎて少々もてあまし気味です。
d0143719_926840.jpg

パールピンク(349)は、かわいらしいピンク色ですが、放任するとこのようにドウダンツツジ(348))にからまって立ち上がってきます。
d0143719_929188.jpg

パールレッド(350)は、木で作ったウオールに絡ませるようにしていますが、すぐに暴れるので整理するのが大変です。来年こそは考えなくては。
d0143719_9314927.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2010-07-25 09:39 | 果樹 | Comments(4)
Commented by tantan_quelle at 2010-07-28 01:10
フラミンゴ、とっても綺麗ですね!
エルダーベリーは実がなるのですよね?
こちらではエルダーフラワーのシロップやそのシロップで作った飲料が売られています。
割と爽やかで、夏には好んで買っています。
Commented by kunimayu2008 at 2010-07-28 08:44
ブルーベリーを小さくしたような実が房状になります。最近は、生育が芳しくなくって実がなりません。ところで、エルダーシロップというのは初耳です。花のシロップというのはどんなものなんでしょう。
Commented by kunimayu2008 at 2010-07-28 08:50
早速、ネットで調べました。主に北欧では、花を摘んでシロップに抽出するようですね。それには、かなり沢山摘むようです。万能薬にもなるそうで、庭に植えておくと重宝するとのこと。勉強になりました。粗末にしないで、もう少し大事にすることにします。
Commented by tantan_quelle at 2010-07-29 20:00
やっぱり北欧なんですね!
北海道には無いし、と書かなかったのですが、スウェーデンの大型家具店IKEAの食材コーナーでシロップが売られていて、そこで初めて買いました。
その後スーパーでお水に少しそのシロップをたらしたようなお水を発見し、それも気に入っています。
神戸に帰省された際はIKEAに寄ってみてはいかがでしょうか?(^_-)