退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

シラー・カンパニュラータ

10年ほど前に学名がヒヤシンソイデス・ヒスパニカに変わったと言うことは聞いていましたが、いまだにシラーと言うことにしています。一度、覚えてしまうと変えられないのは年のせい?
イギリスに行ったときにブルーベルが林の中一面に咲いていたのが忘れられなくて、シェードガーデンに植えたのですが意外に元気が無くてあまり増えていません。
野生のブルーベル以外に園芸種をロックガーデンなどにも植えていますが、こちらの方は少しずつ増えています。
d0143719_846332.jpg

シェードガーデン内のブルーベルです。園芸種より少し大型のように見えます。
d0143719_8482521.jpg

園芸種のピンクの品種が気に入っています。夏になると葉が枯れるので、雑草の多い我がガーデンにはぴったりかも。
d0143719_8502570.jpg

d0143719_8511726.jpg

ついでに、カマシア・ライヒトリニー・コエルレアです。大型球根のカマシアを一昨年ようやく入れたのですが、意外に開花期間が短いような気がします。伸びすぎると倒れやすくて、期待したほどでは無いような。
d0143719_855629.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2012-06-20 08:45 | 球根植物 | Comments(6)
Commented by ロサグリーン at 2012-06-20 09:16 x
春の球根植物がにぎやかですね。
>ブルーベルが林の中一面に
こちらで言うと、エゾエンゴサクが林の中一面に・・という感じでしょうか。きれいでしょうね。

先日、イコロに行ってきました。
ディセントラの淡いピンク、濃いピンク、ピンクのシラーの仲間、
それからオンファロが3種咲いているのを見ました。
みんな可憐でかわいいですね。

去年の春に種まきしたイングリッシュブルーベルのは結局発芽してきません。
途中で干されてしまったのかな・・・
種は秋にまいて、冬越しさせるといいのでしょうか・・
やはり難しいですね。株を買って増やした方がいいのかな~^^;
Commented by のんびりがーでなー at 2012-06-24 21:37 x
イギリスの写真で見る、一面ブルーベルに覆われた景色、あこがれます。わが家でもたくさんの球根を植えていますが、夏の間緑がなくなってしまうので上に何を植えたらいいのか困ってしまいます。
Commented by kunimayu2008 at 2012-06-25 11:11
のんびりがーでなーさん。掘り上げるのも面倒ですものねー。札幌の狭い庭では宿根草の間に植えてなんとか「夏越し」していますが、京極では、沢山植えたいので他のものを近くに植えていません。そのため、夏には雑草に埋もれています。これが、春になるとブルーベルだけが「一応」咲いてくれています。イギリスの林も多分夏は雑草で覆われていると思いますよ。私が行ったときもその兆候が現れていましたから。札幌滝野のスズラン公園も咲き終わりの頃は雑草園でしたねー。
Commented by kunimayu2008 at 2012-06-25 11:16
ロサグリーンさん。球根植物を種から育てるのはなかなか大変ですよね。市販されている(特に、外国の)種は発芽が今ひとつのものが多いので。特に、古種は休眠状態のものが多くて発芽させるのが難しいかもしれません。温度が低くなる秋に外で播種しておくのも有効な方法ではないでしょうか。特に、低温発芽性のものはこの方法が一番だと思います。
Commented by 伝わる履歴書 at 2014-01-04 11:43 x
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Commented by kunimayu2008 at 2014-01-22 09:48
伝わる履歴書さん。初めまして!ずいぶん古い記事を見てくださったんですね。最近、息切れしてきていましたので、お褒めをいただいて、また頑張る気がでてきました。今後もよろしくお願いします。