退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

レウイシアの発芽

レウイシアの中では、花が大きくて育てやすいコチレドン(Lewisia cotyledon)が最もポピュラーで栽培が多いようです。
見かけに寄らず、寒さに強く宿根草としては永続性が長いので北海道では次第に作られるようになってきました。しかし、発芽がしにくく開花まで2,3年かかるためか苗の値段が高く、販売も少ないのが難点となっています。
レウイシアは、典型的な低温発芽性の高山植物なので、発芽床の冷蔵など「素人」には面倒なことが多いようです。私も毎年採種して増やそうと思っていましたが、気がついたときには種が落ちていてあきらめていました。今年こそと大量に種を取ることが出来たので、秋に播くことにしました。ただし、白花とか八重咲きの強い株は種の付き方が悪かったようです。
9月にポットに種まきをしてそのまましておきましたら11月にどのポットも沢山発芽してきました。半分くらいは発芽しないだろうと思ったので播きすぎたようです。12月までベランダの小さい温室に入れていましたが、このままでは小さくて越冬しないのではないかと思い、屋内の窓際に移しました。
d0143719_1014457.jpg

本葉が出始めたので、まず10株程度ポットに仮植することにしました。
d0143719_1732662.jpg

同じ時期に播いたデルフィニウムもいっぱい発芽してしまって困惑しています。残りのポットはそのまま外で越冬することにしました。冬の間は日差しが弱く、札幌の自宅が藻岩下なので太陽がすぐに山の下になってしまい徒長が心配です。
d0143719_17114954.jpg

これまでにも、自然に落ちた種が発芽して毎年2,3株は採取できたのですが、小さすぎてうっかり除草してしまってあまり増えていません。レウイシアは株分けもあまり効率が良くないので、「まてに」種取をして増やすの一番でしょうね。
d0143719_17265791.jpg

2年後にやっとこのくらいになります。来年には咲き始めるでしょう。
d0143719_17332689.jpg

このくらいに咲くようになるには3年はかかりそうです。
d0143719_17334945.jpg

暑さや高湿度には弱いので、北海道でも真夏は葉が褐色になって段々小さくなってきます。根もあまり張っていないので枯れた!と思って捨ててしまう人もあるようですが、株元さえしっかりしていれば大丈夫です。
秋になると生育し始め葉も緑になるのでこの時期に堆肥や緩効性肥料をやります。
本州では暑さと湿気のために越夏が難しいようですが、ポット植えにしないで涼しいところに土盛りをして植えてはどうかと思います。
[PR]
by kunimayu2008 | 2012-12-16 10:14 | 宿根草 | Comments(3)
Commented by まっきー at 2012-12-17 08:51 x
いっぱい発芽したんですねー
さすがです。
これだけ育ったら一面のレウイシア畑になりますね。
鉢が並んだ窓辺がとても楽しそうですが、
雪が降ってから蒔いた種はありますか?
私は何か蒔きたくて、毎日種の入った箱の中をゴソゴソやっています。
雪解けまであと4か月は 長いです。
Commented by kunimayu2008 at 2012-12-17 16:58
まっきーさん。はっきり言ってもてあましています。本来は、雪が降ってから播いて、そのまま冬越して春に発芽させるべきでしたね。クリスマスローズのように発芽に時間がかかるのは秋に播いても春に発芽するのですが。レウシシアはそれほど低温にならなくても発芽してしまうようです。
まだ仮植していないレウイシアとデルフィニウム、あげますか?今週の天気を見て京極に行こうかと思っています。
Commented by まっきー at 2012-12-19 09:03 x
え?良いんですか?
土曜日以外は居りますので、お待ちしております。
今度いらした時は 除雪のやりがいがありますよー。
かいてもかいても 新雪が積もります。
でも今年は驚いたことに ここより札幌の方が積もっている様ですね。