退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

山野草の栽培

ようやく、山野草の季節になりました。中山峠などでは山野草採りの車があちこちに駐車しています。
ニセコ近辺では、山ウドやギョウジャニンニクなど山菜の宝庫と言われているように、京極の我がガーデン近くでもウドやタランポが多いのですが、この時期は春の作業が忙しいので山菜取りなどする暇がありません。
そこで、ガーデン内に山菜の場所を作っています。
ギョウジャニンニクは北海道では「アイヌネギ」とも言われ山菜の「女王?」とも言われて人気なんですが、夢中になって遭難する人もいて、さらに年々減っていると聞いています。我が家では、毎年種を採って園内のあちこちに播いています。
d0143719_08184609.jpg
ウドは道内のあちこちから採取してきて植えたものです。そのうち、鳥が運んできたのか自生の株が出てきました。月形町などから採取したものは萌芽が早く、春先に霜にあたることがありますが、自生のものは萌芽が遅く霜にあたることはありません。
d0143719_08342530.jpg
エゾエンゴサクも山菜として味噌汁などに入れるそうですが、一度試してみましたが食べるより鑑賞した方が良いとわかりました。最初は採取したものをシェードガーデンに植えたのですが、年々増えて大きな群落を作るようになりました。最近では、通路にまではみ出してきました。
d0143719_08442360.jpg
カタクリも山菜として花を食べるそうですが、なんだかそこまでして食べることはないのではと思うのですがね。栽培種より野生のものは開花が早くシラカバなどが葉をつける前に花が終わり枯れていきます。
d0143719_08474302.jpg
春の樹林内は水仙がちらほらと咲いているだけで殺風景ですが、よく見ると自生の山草が生えています。この時期は草取りも不要でのんびりとした良い時期です。
d0143719_08503376.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2016-05-10 08:50 | 山野草 | Comments(1)
Commented by cooper at 2016-05-14 09:11 x
前記事の突然の訪問に お返事をいただきありがとうございました。
山野草が大好きで 色々と見せていただいておりました。
広いので お手入れが大変ですね。 でも羨ましい!!!
今年は 私の(石狩)狭い庭は 積雪量が少なかった割に、花の開花が遅いようです。
山菜もご自宅で栽培とは贅沢ですね。 お味の程はどうなのでしょう?
私もアイヌネギの小株を植えて見ましたが、味はイマイチでした。
これからも「ようていガーデン」の四季を 楽しみに致して居ります。