退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

コケコッコバナ

北海道では、ホリホック(タチアオイ)のことをコケコッコバナと言うんですね。女房によれば、鼻の頭につけて遊んだそうで、年齢と出身がわかりそう。比較的短命な宿根草で3,4年で弱ってくる場合が多いようです。京極では今のところ毎年元気に咲いてくれますが、品種によってはさび病で開花終了時には葉がなくなってしまうことがあり、翌年枯死する株があります。写真は、ホリホックとモナルダ、ヘメロカリスなど夏の花が満開です。
d0143719_135861.jpg

最近、八重の品種が人気で水盤に入れて飾っているガーデンを見かけます。ホリホックはツバキのように開花終了時にポトリと首から落ちるので、水盤に入れて長く楽しむのも良いアイデアかもしれません。
d0143719_14155197.jpg
d0143719_14162429.jpg

八重も良いですが、従来からの一重も良いものです。色も豊富で花のサイズも色々あって楽しめます。
d0143719_14194685.jpg

d0143719_14255489.jpg
d0143719_1427365.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-08-06 14:28 | 宿根草 | Comments(0)