退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

カテゴリ:果樹( 2 )

ネグンドカエデに出会ったのは、10年以上前に帯広の真鍋庭園でした。そのピンクの美しさに魅せられました。その後、京極に「ようていガーデン」を始めることになって、早速早来の川原花木園の農場に行ってピンクのネグンドカエデ・フラミンゴ(340)を購入して、ホワイトガーデンの奥に植えました。どんどん大きくなって、毎年春先の芽吹きを楽しみにしてきました。それが、突然一昨年枯れてしまったのです!その年には、大きくなってきたプンゲンスや紅葉の美しいモミジ、モンタナマツなど沢山の木が枯れました。原因はヤチネズミでした。少しずつネズミの被害は増えていたので警戒していたのですが、まさかこんなに大きくなってから噛まれるとは思っていなかったので、根元しか金網をかけていませんでした。春先の雪解け頃に、金網の上を噛まれて環状剥離状態になったのです。
d0143719_8483825.jpg

数年前に購入したフラミンゴは、現在無事にホワイトガーデンの中で生育していますが、まだまだブッシュ状態を脱していません。
d0143719_8524340.jpg

6年前に行ったチェルシー・フラワーショーでは、フラミンゴを使ったモデルガーデンが見事でした。英国では、ほとんどのガーデンでフラミンゴを効果的に使っていました。
d0143719_8553322.jpg

ネグンドカエデ・バリエガータ(341)は、ピンクでなく白の斑入りの品種です。こちらはネズミの被害もなく、元気に育っています。なお、右側のピンクの花は、ミソハギ(342)です。開花期間の長い丈夫な宿根草で、昨年、これから沢山の挿し木苗を養成して、今年はあちこちで咲き始めました。
d0143719_858178.jpg

斑入りノブドウ(343)もなかなか良いものですが、パーゴラに誘引しようとしたのですが、ブッシュ状態のまま3年目を迎えています。
d0143719_944221.jpg

さて、現在、実のなりかけた小果樹をいくつか紹介します。
ハスカップを前に紹介しましたが、ブルーベリー(344)も色づき始めました。毎年、雪害で枝折れがひどくて困っています。
d0143719_98616.jpg

カーランツ(345)も雪害を受けて、なかなかジャムを作れるほどにはなりません。以前に、ポーランドに行った時に、朝食に必ずブッラック・カーランツのジャムが出ていて美味しかったので、ジャムを作ったことがありましたが、種子が多くて閉口しました。
d0143719_9132026.jpg

キイチゴ(346)も、まだジャムを作れるほどにはなりません。現在開花中のブラックベリーは、今年は沢山開花しているので期待しています。
d0143719_9155082.jpg

ブルーベリーを小さくしたような実がなるエルダーベリー(347)も雪害で思ったようには成長しません。京極では果樹類が雪害やネズミ、ウサギののために成長が抑制されて思ったようには収穫できないのが悩みの種です。
d0143719_921150.jpg

最後に、樹木類ではありませんが、宿根スイートピーを紹介します。今年もあちこちでつるを伸ばして咲き出しました。まず、白色の宿根スイートピー・パール・ホワイト(348)です。放任状態にしていますが、広がりすぎて少々もてあまし気味です。
d0143719_926840.jpg

パールピンク(349)は、かわいらしいピンク色ですが、放任するとこのようにドウダンツツジ(348))にからまって立ち上がってきます。
d0143719_929188.jpg

パールレッド(350)は、木で作ったウオールに絡ませるようにしていますが、すぐに暴れるので整理するのが大変です。来年こそは考えなくては。
d0143719_9314927.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2010-07-25 09:39 | 果樹 | Comments(4)

小果樹類も植えてます。

ガーデンの中央部の羊蹄山側には果樹園を作っており、大果樹区と小果樹区に分けてあります。サクランボや栗、梅、杏、リンゴなどを大果樹区に植えてありますが、雪のためになかなか大きくならず苦戦していますが、小果樹は毎年食べられるようになってきました。このうちのいくつかを紹介します。最初はハスカップとジュンベリーです。ハスカップ(左の写真)は10年以上札幌で育てていたのを移植したので、毎年たくさん実を着けてくれるのですが、アブラムシに悩まされています。ジュンベリーは以前にも紹介したことがありますが、花も果実もきれいですが、果実は甘いだけなので鳥に食べさせたり観賞用にしているだけです。
d0143719_9445558.jpg
d0143719_9455517.jpg


次は、エルダーベリーです。フサスグリの仲間で、果実はビルベリー(野生型のブルーベリー)に似てアントシアンが大変多く味も良いのでもっと生産されても良い果実と思います。大量に生産している遠軽から戴いたものです。
d0143719_9545816.jpg
d0143719_9554748.jpg

次はカーランツです。ジャムにしたり、果実酒にしたりする人が多いようですが、我が家ではもっぱら観賞用です。中の種子が邪魔で面倒なので(?!)。ポーランドに行った時に食べたブラックカーランツのジャムは大変おいしかったのですが。
d0143719_1002090.jpg

最後は、グミです。少し酸っぱいし種も気になるので、もっぱら観賞用と野鳥用にしています。大きな実のなるビックリグミもあるのですが数粒しか実らなかったので食べてしまいました。このため、写真はありません。そのほかに、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリー、アケビなど植えています。果樹を植えていると野鳥も来ますし、観賞用にもなるので楽しいのですが、手入れが大変で、我が家のような放任状態では多収穫はあきらめています。
d0143719_10112092.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-08-03 10:13 | 果樹 | Comments(0)