退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

カテゴリ:宿根草( 199 )

毎年、広がりすぎるので花が終わる頃には整理しているのですが、今年もはびこりながらもきれいに咲いています。
d0143719_9145035.jpg

d0143719_9154463.jpg

ナデシコのような花が可愛いのですが、ランナーが伸びて広がりすぎますので、花が終わると毎年適当に整理しています。
d0143719_9172283.jpg

八重もありますが、こちらはあまり広がりません。
d0143719_918201.jpg

こちらは、カンパニュラ・ペルシシフォリアの群落です。種子でどんどん増えて今では小果樹園を覆うようになってしまいました。最盛期には本当に美しいのでそのままにしています。
d0143719_9205743.jpg

d0143719_921127.jpg

久しぶりのエレムレスです。植えてから10年近くなりますが、最近では思い出したように咲くようになりました.
球根がヒトデみたいに広がるのですが、他の宿根草に負けるのか次第に咲かなくなっています。それが、今年は2種類が咲きました。
d0143719_9252560.jpg

d0143719_9254120.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2016-08-14 09:21 | 宿根草 | Comments(0)

フランスギク

フランスギクは観賞用として導入された宿根草です。シャスターデージーと間違われることがありますが、いまや雑草として全道の道路際にはびこっています。
我がガーデンでも当初はホワイトガーデンに導入したのが最初で、いまやあちこちに広がってしまいました。
この時期のホワイトガーデンには必須ですが、花が終わったころには余分な部分は抜き取るようにしています。
d0143719_09551701.jpg
それでも、この時期になるとこんなに増えちゃったのかと唖然とします。
d0143719_09564900.jpg
増えると言えば、ルピナスもひこばえでかなり増えます。赤とかピンクなどきれいなものは増えないで紫など見栄えのしないものが増えてしまうのが残念です。
d0143719_09591965.jpg
芝生のまわりに広がったフランギクの現在の状況です。花が終わり次第片づける予定です。
d0143719_10010075.jpg
ところで、先週とうとうエンジン式のローンモアを購入しました。充電式などいろいろ検討しましたが、音がうるさいですがエンジン式が安価で使いやすいので購入することにしました。自走式でコンパクトなので女房も大満足のようです。
d0143719_10040728.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2016-07-04 10:04 | 宿根草 | Comments(0)

札幌はもう春?

4月ももう間近となりました。札幌の自宅の庭にはクリスマスローズのニゲルがたくさんの花が咲きました。蕾をいれると50くらいはありそう。
道を行き人はエッと驚いて見ている人もいます。
d0143719_12525745.jpg
周りにはまだ雪があるので不思議なんでしょうね。
d0143719_12534664.jpg
先週、京極へ行ってきました。炭化鶏糞など融雪剤を撒きましたが、今年は例年より積雪量が少なめなので、融けるのは早いかもしれません。
早速、通路に雪を撒いて融雪を促進しました。
d0143719_12565366.jpg
でも、雪山はまだまだ大きくて雪がなくなるのは5月までかかるかも。
d0143719_12571072.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2016-03-26 12:58 | 宿根草 | Comments(0)

真夏のボーダー

お盆も過ぎてようやく過ごしやすくなってきました。暑くてすっかりブログの入力をさぼっていましたが、久しぶりの入力です。
ボーダーガーデンは東西の境界線に広がっています。今回は、東側のボーダーの現況を紹介します。
ミソハギ、ホリホック、ヘメロカリス、サポナリアが現在の中心となっています。
d0143719_7593865.jpg

ヘメロカリスは2種類が開花中です。
d0143719_841029.jpg

d0143719_844755.jpg

サポナリア・オフィシナリスが満開です。増えすぎて困りものですが、この時期にはなくてはならない宿根草です。
d0143719_87927.jpg

d0143719_873491.jpg

2年草のサルビア・スクラレアも昨年移植したものが開花しました。ちゃんと種取して播いておかないと絶えてしまいます。最近は、一年おきに開花するようになってしまいました。
d0143719_8102485.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-08-17 08:10 | 宿根草 | Comments(2)

ルピナス

ルピナスは北海道に適した宿根草ですが、種を着ければ比較的短命な宿根草と言えます。我がガーデンでも、10年近く前に園芸種を植えてから放任しているために、世代が交代して今ではすっかり野生化してしまいました。
北海道の離農した跡地には、あちこちに野生化したルピナスの群落が見られますが、我がガーデンもまさに同じ状態になってきました。
d0143719_13264748.jpg
d0143719_13272704.jpg
野生化すると青色の株が増えてきます。最近は、少しづつ青色の株を取り除いています。
d0143719_13294537.jpg
そのせいか最近はピンク色の株が増えてきたように思います。
d0143719_13312355.jpg
d0143719_13320985.jpg
赤色や白色の株が少ないのでもう少し増えないかと思っています。
d0143719_13332152.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-07-13 13:33 | 宿根草 | Comments(0)

ヘリアンテマム

ヘリアンテマムを初めて見たのは、10年近く前にイギリスのガーデン見物に行った時でした。ウィズリーのロックガーデンにびっしり咲いていたこの花を見たときは衝撃的でした。帰国して、外国から種子を購入して京極に植えたのが10年前でした。
d0143719_13020891.jpg
ヘリアンテマムは一日花ですが、花数が多くて長期間楽しめます。ロックローズとも呼ばれているようですが、これは白花のアロマテラピーに使われているものを指すようです。
ハウスの軒下に、黄色を植えたのがいまだにコトネアスターに負けないで残っています。
d0143719_13090324.jpg
白、ピンク、赤もありますが、黄色の方が強いようです。
d0143719_13100912.jpg
ピンクと一緒に植えると、黄色に負けるような気がします。
d0143719_13113903.jpg
ピンクと赤が好きなんですが、なかなか増えてくれません。種子での繁殖より挿し芽のほうが手っ取り早いのですが歩留まりがあまりよくないようです。
d0143719_13142676.jpg
白花も結構強いようです。株が大きくなりやすいような気がします。
d0143719_13155258.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-07-06 13:18 | 宿根草 | Comments(0)

フランスギク

夏至になって一段と日が長くなりました。外に居る時間が長くなり夕方になると疲労困憊。
この時期になるとフランスギクがホワイトガーデンを占領します。花が終わる頃にできるだけ抜き取るのですが、毎年、ちゃーんと咲くのがフランスギクのいいところ(?)。
園芸種として導入したのが各地で繁殖したそうですが、我がガーデンではシャスターデージーと間違えてホワイトガーデンに植えたのが最初。繁殖力旺盛で今ではあちこちに広がって完全に雑草化し、抜き取るのが大変。でも、ホワイトガーデンには必要なので残す場所を決めています。
d0143719_16320586.jpg
フランスギクが終わる頃に、シャスターデージーなど本命の白花の宿根草が開花し始めるのでつなぎの花みたいなもんです。
d0143719_16363541.jpg
昨年、強めの剪定をしたギンフミズキも無事新芽がきれいに出てくれました。
d0143719_16390463.jpg
さて、昨年雪の重みで壊れたピクニックテーブルが今年もペッチャンコに壊れてしまいましたが、やと修理することに。
d0143719_16412646.jpg
抜本的に直すことに決心!脚の部分とテーブル、いすを冬が来る前に取り外せるようにすることにしました。春にキノコのホダギとして間伐したシラカバを使って足にすることにしました。
d0143719_16444596.jpg
どんころ風に切って、テーブルと椅子の脚にしました。ぐらつかないように補強して出来上がり。天板をビスでとめているので秋にはビスを取って、天板を保管しておくことにしました。
d0143719_16480755.jpg
パラソルをつけるとなんとなく様になっているでしょう。
d0143719_16492730.jpg
来年、どうなっているかを報告することをお約束します。
d0143719_16505488.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-06-28 16:53 | 宿根草 | Comments(0)

レウィシア・コチレドン

今年もレウィシアが咲きました。3年前に採種して、植えてから2年目に咲きだしたので今年は大変賑やかになりました。
レウィシアは典型的な低温発芽性の植物なので、取りまきをして翌年大量に発芽したのであちこちに植えました。
以前から植えていた芝生の周囲にも増やしましたので、今年は賑やかで開花期間も長いようです。
d0143719_08450839.jpg
ロックガーデンも増やしました。
d0143719_08461425.jpg
これまで、白花は1株しかありませんでしたが、なんとかもう1株白花が増えました。
d0143719_08480778.jpg
d0143719_08490789.jpg
赤色やピンクなど花色が豊富なのが魅力です。
d0143719_08502592.jpg
中には深紅もあります。葉の形もいろいろです。
d0143719_08513162.jpg
橙色も魅力的は花色です。
d0143719_08523900.jpg
今年初めて咲きだした淡い橙色の株も花数が多くて見事です。
d0143719_08535705.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-06-22 08:55 | 宿根草 | Comments(0)
小さな花ですが群落になると結構きれいで、よく見ると可愛いのがオンファローデスとワスレナグサかなと思いますが。
オンファローデスは宿根草ですが、種子でもよく広がり、寒さにも強いので、我がガーデンでは存在感のある花となっています。

d0143719_16501579.jpg
爽やかなブルーと小さいながらしっかりとした花の形が気に入っています。
d0143719_16513812.jpg
これとよく似たワスレナグサは一年草の「雑草」ですが、毎年種が落ちて同じところに群落を作ります。いつも種が落ちる頃に邪魔なので抜き取りますが、平気で翌年も咲きます。咲いているときは本当に、可愛くてきれいなんですが。
d0143719_16550032.jpg
3年ほど前に、近くのブロガーさんからいただいたピンクのワスレナグサも毎年あちこちで咲いています。こちらは園芸種のようですが広がり方は同じようです。
d0143719_16572529.jpg
近くで見ると、本当に可憐な花ですねー。
d0143719_16581023.jpg
ところで、15歳になる長命おばあちゃん犬のジョナがまだまだ元気で走り回っていて、今年もアスパラやイチゴを収穫しそうなのでとうとうフェンスを買ってきました。
さすがに、最近は脚が弱ってきたようですが、食い気は盛んで、昨年はブルーベリー、枝豆、つるなしインゲン、さらに今年はわさび菜、サニーレタスを収穫体験済みです。トマトは青いのを採ってきて転がして遊ぶので、最近満足に食べておりません。
このフェンスだと大丈夫かも。
d0143719_17040708.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-06-08 17:06 | 宿根草 | Comments(0)
山菜の季節もそろそろ終わり、6月の花と雑草の季節となってきました。
セイヨウオキナグサ(プルサティラ)も最盛期が過ぎそうです。採種して増やし続けているために花色や草姿もいろいろです。

d0143719_10265444.jpg
d0143719_10291813.jpg
白色は開花も早いようです。
d0143719_10274857.jpg
ピンク色が一番の人気です。
d0143719_10303668.jpg
赤色がどうも生育が良いようです。
d0143719_10313557.jpg
黒っぽい赤もあります。
d0143719_10322874.jpg
今年、初めて見つけたのが薄いピンクの八重でした。八重というより二重でフリルがきれいな個体です。果樹園の片隅に咲いていたので、これまで気が付かなかったのかもしれません。ここは放任しているため、種子が落ちて成長したのかも知れません。この株から採種したいと思っています。
d0143719_10352107.jpg
今年は、春先に低温が続いたせいかチューリップがまだ咲いています。札幌の庭ではとっくに終わっていますが、京極ではこれから咲きそうなものもあります。
d0143719_10374378.jpg
毎年、少しづつ更新していますが、今年はピンクの八重がきれいに咲きました。
d0143719_10394837.jpg
5月も終わり、北海道で一番過ごしやすくて美しい6月になります。羊蹄山の残雪も少しづつ少なくなってきました。それでも、朝晩は冷えるのでストーブをまだ点けています。
d0143719_10421000.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-05-31 10:44 | 宿根草 | Comments(0)