退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

カテゴリ:樹木( 24 )

紅葉と初雪

とうとう、初雪と初氷がやってきました。
それでも今が紅葉の最盛期です。今年の紅葉は例年になく美しいようです。
ヤマボウシの紅葉はいつもより赤色が濃いように思います。
d0143719_8441279.jpg

ヤマモミジもグラデーションがきれいな時期です。
d0143719_8455522.jpg

自然に生えてくるモミジもあります。そのなかでも、この株の紅葉が一番です。
d0143719_848276.jpg
d0143719_849659.jpg

自然に生えてきたカエデの仲間でも、この株の葉の紅葉がまだらで一段と美しいと思います。
d0143719_8505031.jpg

d0143719_8511160.jpg

シラカバなどの葉がかなり落ちたので、ガーデンハウスが見えるようになってきました。
d0143719_8525555.jpg

マユミの実も今年は多いようです。
d0143719_8533859.jpg

10月21日には、とうとううっすらと雪が積もりました。まだ、冬囲いを始めていないので焦ってきました。
d0143719_8552397.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2016-10-24 08:55 | 樹木 | Comments(2)

爆弾低気圧

台風崩れの爆弾低気圧がやってきて2日間も大荒れとなってしまいました。
低気圧が来る前の羊蹄山には初冠雪が残っていました。右側には黄金ニセアカシアが健在でした。
d0143719_09233717.jpg
大嵐の最中に見ているそばからニセアカシアが傾いてきました。
翌日、ほとんど倒れそうでした。
d0143719_09254929.jpg
早速、切り取ってつっかい棒をしてみました。なんともなさけない姿になってしまいました。なんとか、前のようになってほしいです。
d0143719_09275193.jpg
d0143719_09304015.jpg
種子が落ちて、ひこばえが何本か生えてきましたので跡継ぎになるかもと期待しています。
d0143719_09320392.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2015-10-06 09:33 | 樹木 | Comments(0)

秋、真っ盛り

とうとう10月になりました。紅葉も始まって来ましたが、なんだか今年はすっきりした紅葉にはなりそうな気がしません。夏が暑かったせいでしょうか。
それでもカエデ(ハウチワカエデ?)が紅葉しはじめました。ガーデン内のカエデはほとんどが自生のものですが、このカエデは近くの林から小さいのを「頂いて」植えたものです。
d0143719_102990.jpg

中央の樹木はモミジなんですが、毎年真っ赤に紅葉するのですが、ことしはなんだかくすんだ色になっています。ユウゼンギクは今年もきれいに咲いています。
d0143719_10383551.jpg

毎年、きれいに紅葉するヤマブドウも茶色になってしまいました。ぶどうの方は今年も沢山なっていますが。
d0143719_10423240.jpg

最近、カラマツのそばに沢山生えるようになったラクヨウも今年はあまりとれません。やっと2個をゲット。早速大根おろしで食べました。
d0143719_10452675.jpg

でも、昨年から芝生に出始めたクサワラシメジが今年も出てきました。昨年は、疑心暗鬼で食べてみたら美味しくて間違いなくシメジでした。今年は女房も「安心して」バター炒めで食べたら美味しいと言っていましたよ。やっぱり、味シメジですよね。
d0143719_10455260.jpg

今年も薪を注文していましたが、今日届きました。蘭越からおじいさんが運んでくれるのですが、薪も年々値上がりして大変です。これだけでは冬を越せないので、友人からの廃材を今年も期待しています。
d0143719_10461869.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2013-10-06 10:02 | 樹木 | Comments(0)

アメリカテマリシモツケ

シモツケは葉がきれいで好きな灌木の一つで、オウゴンシモツケ、ミツバシモツケなどを植えています。枝が軟らかいのであまり雪折れしないのがいいですね。
アメリカテマリシモツケは結構大きくなって、春先の黄金色がきれいな樹種です。6月始めまでは新芽が美しい黄金色で、林が輝くようです。
d0143719_1041910.jpg

7月になると薄い緑に変わります。花は小さくて見栄えがしませんが、樹姿はまだまだ見栄えがします。
d0143719_1065482.jpg

キチンガーデンの入り口です。ハマナスとバラの交配種、北彩が咲きそろいました。花は小さいですが、甘いハマナスの香りがします。
d0143719_10111760.jpg

d0143719_1011414.jpg

ホワイトガーデンに白のゲラニウム・アルブムが咲き始めて、白さが増してきました。
d0143719_10133922.jpg

樹林区の中のルピナスも咲き始めました。2代目、3代目でかなり紫が多くなってきました。北海道では離農した後にルピナスが咲き誇っている景色が多く見られますが、ほとんどが紫やピンク色をしています。我がガーデンも次第に離農した畑になってきました。
d0143719_10163710.jpg

ヒペリカムは大型のものや匍匐型のものなど10種類くらい植えています。このブログのアクセス数が最も多いのがヒペリカムをアップしたときのものです。植えているヒペリカムの全てが黄花なので変化に乏しいきらいがありますが、草姿が美しいものが多いようです。
このオリムピクムは、わい性で花も大きくて美しい種類ではないかと思います。
d0143719_10223954.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2013-07-06 10:03 | 樹木 | Comments(0)

最後の紅葉

どんどん黄紅葉した葉が落ちて、白樺の葉もほとんど無くなってきました。通路は落ち葉でびっしり。落ち葉を集めて堆肥にする人もいますが、とても集められたものではありません。おかげで何年もの落ち葉が積もって腐葉土になって、園内ではほとんど肥料をやっていません。
d0143719_9261117.jpg

ヤマボウシもきれいに紅葉しました。葉が落ちるも間近でしょう。
d0143719_9281588.jpg

ユキヤナギの紅葉です。最初は黄色で徐々に赤くなります。
d0143719_9312923.jpg

ブルーベリーも赤くなりました。
d0143719_933761.jpg

オウゴンシモツケの紅葉です。春先は黄金色の美しい葉で、夏は緑で、秋は紅葉と一年中葉の色を楽しめます。
d0143719_9351197.jpg

この時期の紅葉は何と言ってもドウダンツツジでしょう。まさに深紅になります。毎年、雪折れに悩まされて大きくなりませんが、幸いネズミには食われていません。
d0143719_9375441.jpg

d0143719_9381196.jpg

アナベルもとうとうこんなになってしまいました。アジサイとは違って、根元まで切って越冬します。ミナヅキは少し高めに切って越冬します。
d0143719_941339.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2012-11-09 09:24 | 樹木 | Comments(0)

晩秋

黄・紅葉ももうすぐ終わりそうです。枯葉が深々と積もってきました。樹間をすかして羊蹄山が見えるようになってきました。
d0143719_10524485.jpg

ハウスの周りのイタヤカエデなどの広葉樹の黄色もこころなしか薄くなってきたようです。
d0143719_10545823.jpg

自生のアカイタヤの紅葉はいつもより薄いような気がします。
d0143719_110157.jpg

d0143719_1102348.jpg

とても美しく紅葉するニシキギを挿し木して3年目。やっと紅葉が目立ってきました。成長するのが遅いようです。
d0143719_1131870.jpg

10年近く前に赴任していた北見(訓子府町)に植えられていたヤマモミジがあまりも美しかったので、ひこばえをポット植えして、数年前に京極に植えました。毎年、ネズミに食われてあまり大きくなりませんでしたが、それでもなんとか紅葉が見られるくらいになりました。今年の紅葉はイマイチのようです。全体に、今年の紅葉は物足りない気がします。秋が暖かく、その後急激に温度が下がったせいでしょうか。
d0143719_1184058.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2012-10-30 10:52 | 樹木 | Comments(4)
シモツケの中でも黄金色のものは、この季節になると黄金色が一段と美しくなります。
アメリカテマリシモツケは林の中に植えていますが、夕方になると一段と輝きます。
d0143719_963346.jpg

オウゴンシモツケはその名の通り年中黄金色の葉が美しくて、秋には紅葉もします。銅葉のヒューケラ・ファイアーフライとのコントラストが気に入っています。一昨年、挿し木したのですが、早くも一人前の姿になりました。
d0143719_9101821.jpg

林の中に植えていたゲラニウム・ビルウォリスが種子でどんどん増えています。短命なゲラニウムなのですが、種子を良くつけるようであちこちに広がっています。花は小さいのですが草姿の良いゲラニウムです。鉢花や寄せ植えにも適します。
d0143719_9151755.jpg

d0143719_9153981.jpg

シェードガーデンに植えているヤグルマソウが今年も元気です。ご近所から頂いたのですが、ヤブレガサと言っておられたのですがヤブレガサは別物です。始めは銅葉ですが次第に緑色になります。
d0143719_9190100.jpg

シバザクラが次第に通路に広がってきました。ワイルドストロベリーやイチゴも砂利道にどんどん広がってきます。暖かいせいでしょうね。
d0143719_922544.jpg

品種名はわかりませんが十文字の花がかわいい品種ですが、この方はあまり広がってくれません。数年前にシバザクラで有名な滝上で衝動買いしたものです。
d0143719_9242546.jpg

朝起きて窓からながめていたら、キツネが散歩中でした。近くに住みついたキツネの親子が居ることは知っていたのですが、早朝は堂々と家の近くまで来て何か餌をあさっていました。我が家には犬が二匹居るので、エキノコックスが心配です。でも、かわいいもんですねー。
d0143719_929755.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2012-06-13 09:06 | 樹木 | Comments(0)

心配なネズミの被害

まだまだ京極の雪は150cmのままでなかなか少なくなりません。例年だと100cmを切っているのですが。
雪が無くなり始めると、ネズミの食害が目立ちはじめます。京極では鹿はほとんど見かけませんが、ネズミとウサギの被害が毎年ひどくて困っています。
やっと大きくなり始めたヒバもこの通りです。片方だけ噛んでくれるのであればなんとか再生するのですが、環状剥離状態になるので枯れてしまいます。
d0143719_1536188.jpg

プンゲンスもこの通りです。バラ科やプンゲンスもお気に入りのようです。どういう訳か白樺やアカエゾマツは好きでないようです。
d0143719_15401464.jpg

いい加減な囲い方ではこの通り。プンゲンスですが、すっかり噛んでなんの木かわからないくらいにしてくれます。
d0143719_15423874.jpg

ツツジ類もお好きなようで、ドウダンツツジもこのとおり。大きいので囲うのが面倒なので油断したらやられました。あきらめて、どうにでもしてくれ!と、そのままにしていますが、最近は噛まれていません。
d0143719_15454388.jpg

時には、こんな悪さもしてくれます。チオノドクサなどの小球根をご丁寧に掘り出して巣に集めて貯蔵していました。春先に雪が融けると何故かきれいに山になっていました。私なんぞ、秋口に掘り出して増殖しようと思うのですが小さくて面倒なんですが、ネズミちゃんのなんとまてなことか。ちなみにもう一度埋め直しましたが花が咲きませんでした。
d0143719_15523923.jpg

これはウサギの食害です。さすがにネズミよりは噛み後は大きく、時には先端を切って食べます。周りにドッグフードみたいなウンコが散らばっています。ときどきガーデン内をうろついているのを見かけますが、大きくて「美味しそう」な位太っていました。走ったらどすどすと音がするくらいです。
d0143719_1557402.jpg

さて、ネズミちゃんのお姿です。多分、エゾヤチネズミでしょうね。小さくて可愛いのですが、可愛そうに(?)殺鼠剤を食べて弱っているのでしょう。物置の下などに殺鼠剤をまきますが、わんちゃんが食べるのが心配なのであまりおおっぴらに使えません。
d0143719_162262.jpg

何とか、ネズミの被害を少なくする方法はないかとネットで調べましたが、ありませんねー。最善は金網で枝を覆ってしまう。ネットで全体を覆う。せめて、肥料袋などで根元だけでも覆って枯死を防ぐ。巣を作りやすい岩や軒下などに殺鼠剤をまいておく。通路になっているところを見つけて殺鼠剤を置いておく。等々。

ネットで見つけた激辛唐辛子で出来た忌避剤をこの数年使っていますが、確かに塗った場所は噛まれていないようですが、塗っているときにやたらくしゃみをするのと少々お高いかなと思います。2,3年はもつそうですが、私は毎年塗っています。
d0143719_1612514.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2012-04-03 15:36 | 樹木 | Comments(4)

アズキナシ

低気圧が毎週やって来て、吹雪が怖くて京極行きを延期しています。
先週、札幌市の中央図書館に行ったときアズキナシを見つけました。京極のアズキナシにやっと実が付いて喜んでいましたが、図書館のガーデンにいっぱいアズキナシが植えられていてその見事さに驚きました。いつも図書館に行っているのですがこれまで気がつきませんでした。
ナナカマドの仲間ですが、実が小豆大で小さく豪華さはありませんが、霞のような実の付き方は独特でこんなきれいな街路樹があるなんてと改めて感心しました。
元はと言えば、川原花木園のHPを見て欲しくなったのが最初ですが、こんなにきれいだったとは思いませんでした。京極では奥の方に植えてあって今ではシンボルツリーのようになっています。
d0143719_1038440.jpg

d0143719_10383729.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2011-12-05 10:38 | 樹木 | Comments(4)

紅(黄)葉のつづき

もう、葉が落ちてしまいましたが、その前のギンフミズキの紅葉です。夏は白の斑入りが美しく、ホワイトガーデンの貴重な存在でした。次第にピンクに染まるのも良いものです。
d0143719_18505069.jpg

ナツヅタの紅葉も美しいものです。あちこちのツタを頂いて挿し木したので、どれがどこのものかわからなくなりました。物置に這わせるようにしたのですが、最初の頃変なところにくっついたので剥がしたところ、臍を曲げて成長が止まってしまいました。最近ようやく物置に登りはじめました。
d0143719_1854254.jpg

d0143719_18544864.jpg

エゾムラサキツツジの紅葉です。早春に咲く花もきれいですが、秋の紅葉も良いものです。
d0143719_18571251.jpg

紅葉と言えばドウダンツツジですが、雪害による枝折れがひどくてなかなか大きくなりません。でも、小さいながら美しく紅葉します。
d0143719_194375.jpg

カラマツの黄葉です。敷地を購入した時から生えていたのですが、当時は1mあるかないかだったのですが、随分大きくなりました。
d0143719_197454.jpg

新入りのコナラです。白樺、柳、、カラマツ、ニセアカシア等が自然に生えていましたが、最近コナラが生えてくるようになりました。多分、リスか鳥が運んできたのでしょう。そのうち、ドングリがいっぱい転がるようになるのでしょうね。私はキノコのホダギになるのを楽しみにしています。
d0143719_19111061.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2011-10-31 18:50 | 樹木 | Comments(2)