退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

<   2017年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

フランスギク

今年もフランスギクが咲きだしました。もともとは滝川からホワイトガーデン用に移植したのですが、そのはびこり方には往生しています。
しかし、この時期のホワイトガーデンにはなくてはならなくて、花が終わるとかなり抜き取るようにしていますが、それでもこのとおり「ちゃんと」咲き誇っています。
d0143719_18333755.jpg
d0143719_18341940.jpg
ホワイトガーデンに咲く花が年々弱っていて、今ではフランスギクがメインみたいなもんです。よく似たシャスターデージーも今年は元気がないようだし、白のデルフィニュームも今年は消えてしまったようだし。
d0143719_18371310.jpg
フランスギクは、江戸時代に観賞用に入ってきたとの記録もあるようですが、北海道の寒冷地に適しているようで、道内の道路わきに大繁殖しています。最近、北海道の指定有害外来種に指定されたようで、野に「放すこと」は禁じられているとのことですが、「いまさら」の感がします。よく見ると「いい花」なんですがねー。
d0143719_18413056.jpg
d0143719_18423225.jpg
外来種といえばルピナスも北海道では、「我が物顔」で繁殖していますが、我がガーデンでも赤やらピンクの綺麗な種類は居なくなって、今では紫のような地味なのしか残っていません。それでも、この時期の花としてはガーデンの色どりにはなくてはならないものとなっています。
d0143719_18451028.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2017-06-25 18:50 | 宿根草 | Comments(0)

いつのまにか初夏

6月も半ばというのにいまだに朝夕にストーブを点けています。それでも、羊蹄山の残雪はだいぶんなくなってきました。
d0143719_13485474.jpg
林のなかも鬱蒼と茂ってきて、昼でも暗くなってきました。
d0143719_13502230.jpg
花も次々に咲きだして賑やかになってきました。今年も、キングサリが咲きました。今年は一段と花数が多いようです。数年前は、維管束の病気にやられたようで元気がなかったんで心配しましたが、なんとか持ち直したようです。
d0143719_13532233.jpg
d0143719_13535293.jpg
クレマチス・モンタナもようやく咲きはじめました。他のクレマチスはどうも元気が良くないのが気がかりです。
d0143719_13552852.jpg
テマリカンボクはどれも花つきが良くて、数年前に挿し木で増やしたものもきれいに咲きました。
d0143719_13574897.jpg
レウィシアも今年も何とか咲いて、テマリカンボクとうまく調和しているようです。
d0143719_14000017.jpg
レウィシアも次第に劣化してきて、茎がワサビ根のようになってきました。また、種子を取って蒔かなくては。低温発芽性で発芽しても、大きくなるのに時間がかかるので早めにやらなくては。
d0143719_14030993.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2017-06-19 14:05 | ガーデン | Comments(0)