退職後に始めた2300坪の庭造り

by kunimayu2008

山野草の栽培

ようやく、山野草の季節になりました。中山峠などでは山野草採りの車があちこちに駐車しています。
ニセコ近辺では、山ウドやギョウジャニンニクなど山菜の宝庫と言われているように、京極の我がガーデン近くでもウドやタランポが多いのですが、この時期は春の作業が忙しいので山菜取りなどする暇がありません。
そこで、ガーデン内に山菜の場所を作っています。
ギョウジャニンニクは北海道では「アイヌネギ」とも言われ山菜の「女王?」とも言われて人気なんですが、夢中になって遭難する人もいて、さらに年々減っていると聞いています。我が家では、毎年種を採って園内のあちこちに播いています。
d0143719_08184609.jpg
ウドは道内のあちこちから採取してきて植えたものです。そのうち、鳥が運んできたのか自生の株が出てきました。月形町などから採取したものは萌芽が早く、春先に霜にあたることがありますが、自生のものは萌芽が遅く霜にあたることはありません。
d0143719_08342530.jpg
エゾエンゴサクも山菜として味噌汁などに入れるそうですが、一度試してみましたが食べるより鑑賞した方が良いとわかりました。最初は採取したものをシェードガーデンに植えたのですが、年々増えて大きな群落を作るようになりました。最近では、通路にまではみ出してきました。
d0143719_08442360.jpg
カタクリも山菜として花を食べるそうですが、なんだかそこまでして食べることはないのではと思うのですがね。栽培種より野生のものは開花が早くシラカバなどが葉をつける前に花が終わり枯れていきます。
d0143719_08474302.jpg
春の樹林内は水仙がちらほらと咲いているだけで殺風景ですが、よく見ると自生の山草が生えています。この時期は草取りも不要でのんびりとした良い時期です。
d0143719_08503376.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2016-05-10 08:50 | 山野草 | Comments(1)

小球根が真っ盛り

4月30日、朝起きると一面真っ白。寒くて薪も残り少なくなってしまいました。
d0143719_09303876.jpg
d0143719_09305215.jpg
翌日は快晴で雪も無くなりましたが、羊蹄山は麓まで真っ白。
d0143719_09352446.jpg
d0143719_09360017.jpg
早春は小球根が咲く季節です。プシュキニアに似たシラー・チューベルギニアナ
も満開です。
d0143719_09440918.jpg
d0143719_09443673.jpg
チオノドクサもあちこちで満開です。
d0143719_09453586.jpg
d0143719_09455272.jpg
ミニアイリスもなんとか2品種だけ残りました。
d0143719_09475190.jpg
d0143719_09480990.jpg
クリスマスローズもニゲルに続いて赤色のレッドベルという品種がさ咲きはじめました。
d0143719_09494590.jpg
d0143719_09502460.jpg
春恒例の樹木の間伐とホダギ作りをやりました。年々太くなるため伐るのが大変。やっと7本切りました。
d0143719_09550938.jpg


[PR]
# by kunimayu2008 | 2016-05-04 09:55 | 球根植物 | Comments(2)
倶知安の積雪がゼロになってから10日以上になりますが、我がガーデン内の積雪は4月20日現在でもまだたっぷりありました。
d0143719_08150900.jpg
暖かくて、2日後にはかなり減ってきました。
d0143719_08173415.jpg
雪がなくなった場所には早くも花が咲きはじめました。クリスマスローズのニゲルが雪の下で咲いていたのでしょう。ペッチャンコになって咲いていました。
d0143719_08211174.jpg
フクジュソウももうそろそろ終わりそうです。
d0143719_08233219.jpg
キクザキイチゲも今年も咲いてくれました。
d0143719_08282585.jpg
植えた覚えがないので、どこからかやってきたのでしょう。毎年、同じ数の花が咲いているので大きくなっていないのかなと思います。
d0143719_08302495.jpg
シクラメン・コウムもこの時期に咲く好きな球根植物です。
d0143719_08390296.jpg
毎年、種子を採ろうとするのですが、忙しくなる時期にあたるために忘れてしまいます。それでも、種がこぼれてとんでもないところで咲くことがあります。今年も通路の小石のなかで咲いているのを見つけました。広がって2株かなと思いましたが、小さな球根が1個でした。

d0143719_08421122.jpg
プシュキニアも早春に咲く球根植物として代表的な花です。
d0143719_08472360.jpg
チオノドクサはプシュキニアより少し遅く咲くのですが、今年は同じ時期に咲きました。
d0143719_08485217.jpg
山野草の中では真っ先に咲き始めて、食べられてしまうフキノトウです。我が家では年に一回だけ天ぷらにして食べています。苦みがなんとも言えない風味で毎年楽しみにしています。
d0143719_08520750.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2016-04-23 08:52 | 球根植物 | Comments(0)

札幌はもう春?

4月ももう間近となりました。札幌の自宅の庭にはクリスマスローズのニゲルがたくさんの花が咲きました。蕾をいれると50くらいはありそう。
道を行き人はエッと驚いて見ている人もいます。
d0143719_12525745.jpg
周りにはまだ雪があるので不思議なんでしょうね。
d0143719_12534664.jpg
先週、京極へ行ってきました。炭化鶏糞など融雪剤を撒きましたが、今年は例年より積雪量が少なめなので、融けるのは早いかもしれません。
早速、通路に雪を撒いて融雪を促進しました。
d0143719_12565366.jpg
でも、雪山はまだまだ大きくて雪がなくなるのは5月までかかるかも。
d0143719_12571072.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2016-03-26 12:58 | 宿根草 | Comments(0)

春はまだ遠いかな

やっと3月になりました。春がもうすぐとは思うのですが、雪はまだまだたくさんあります。
2週間ぶりに来ると、入り口付近は雪に埋もれていました。
d0143719_08514766.jpg
昨年から町内の業者に除雪を依頼しているので除雪が楽になりました。そのかわり雪山が大きくなって、春の融雪が大変です。
d0143719_08552933.jpg
雪山からのながめです。
d0143719_08574980.jpg
久しぶりに晴れました。今年の積雪量は、これでも平年の80%で120cm程度です。いつもだと、大きな木の柱は見えないのですが、今年はまだ見えます。
d0143719_09054670.jpg
滞在中に屋根の雪がすべて落ちました。いつものことですが、落ちる前にコンコンという音がして、ド~とものすごい音がします。おかげで屋根とつながってしまいました。すこしでも取っておかないと穴倉のようになって家の中がくらくなってしまいます。
d0143719_09113816.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2016-03-07 09:14 | 雪景色 | Comments(0)