クレタ島の植物④

クレタ島は石ころだらけの岩ばっかりの島で、蹄を痛める牛は全くいなくて羊か山羊が放牧されています。このため、チーズなどの乳製品は山羊からのものが多くて濃厚です。
山羊は野生に近くてどんな急な崖にも食べ物を探してうろうろしていました。
d0143719_8593770.jpg

それでもちょっとした盆地があって、ニンニクやジャガイモなどが栽培されていました。ジャガイモはオランダの品種でしたが本当に美味しかった。アーモンドの花が見事に咲いていました。
d0143719_911482.jpg

遺伝資源調査の目的の一つが野生のチューリップでしたが、チューリップの葉も球根も山羊にとっては大好物なのでほとんど食べられて見かけませんでした。それでも崖の中腹には残っていてやっとサキサチリスを見つけました。サキサチリスは、そのまま原種が園芸店でもときどき販売されているように、美しい種類です。
d0143719_96336.jpg

クレタ島の人たちは、花が大好きでわずかな土地にも花をいっぱい植えていました。プランターやポット植えが多くて素朴な印象でした。
d0143719_992512.jpg

カーネーションの栽培が多くて、オランダなどに輸出されていますが、家庭でもカーネーションがポット栽培されていて、数年以上も栽培された古株も見かけました。カーネーションの懸崖なんてはじめてみました。
d0143719_913451.jpg

アーティチョークも栽培されていました。日本ではあまり見かけませんが、花びらを食べますが、日本では観賞用に花材として売られています。京極にも植えていますが、越冬はするのですが花は咲かないので一度も食べたことはありません。
d0143719_9155736.jpg

[PR]
Commented by tantan_quelle at 2011-04-13 19:00
昨年ギリシャと非常に文化の近い(笑)トルコへ行った際、朝食は山羊のチーズが一般的でした。パンに山羊のチーズと蜂蜜を載せて頂きます。
とっても美味しかったので、ベルリンに戻ってからもトルコスーパーで時々山羊のチーズを買って朝食の際にパンに載せています。
こちらは今アーモンドの花が見頃です。
最初は桜だと思ってしまいました。(^^;)
桜はいつも5月に入ってからですが、今年は春の訪れが早いので今月末には咲くかもしれません。
Commented by kunimayu2008 at 2011-04-14 07:28
日本で売っている山羊のチーズは、ちょっと臭いが強いので人気はもうひとつかなと思います。クレタで毎朝豆腐のようなチーズを食べましたがあまりに美味しいのでおみやげで持って帰ろうと思いましたが、一日で駄目になるとのことで断念しました。朝しか売っていなかったので、豆腐と同じかなあと思ったのを思い出します。明日から、また京極に行ってきます。50cm以下になったようなので、フクジュソウが咲いているかもしれません。
Commented by ロサグリーン at 2011-04-18 09:14 x
kunimayu様

先日、クリスマスローズの種のことで質問した者です。
アドバイス通り外で管理していますが、まだ発芽には至りません。気長に待ちたいと思います。
つい先日ですが、オークションサイトで発芽苗が出ていたので、思わず手が伸びてしまいました。花が咲くまで2・3年かかりそうですが、とても楽しみです。

さて、今度は種のカビ対策についてお聞きしたいと思います。
家の中で種をまいていますが、メーカー購入品の種はほとんど上手く発芽するのですが、自家採取の種などは途中でカビが生えてしまうことが多いのです。
用土は赤玉小粒、バーミキュライト、パーライトを混ぜています。種をまく際に、何か抗菌剤に漬けたり、播いた後にスプレーした方がいいのでしょうか?
特に宿根草など、発芽に時間がかかるものは、定期的に対策をした方がよいでしょうか?
高山植物の種や原種シクラメンの種など、オークションサイトによく出ているようですが、まだ私には難しいかなと尻込みしています。
私の中ではすっかりグリーンアドバイザー的存在のkunimayuさんになっています。質問ばかりで申し訳ないですが、アドバイスを頂けたら幸いです。
Commented by kunimayu2008 at 2011-04-18 10:59
市販の種子はほとんどが種子消毒されていますが、どのような消毒の仕方かは明らかにされていません。種子消毒には湿らせる湿粉衣、乾粉衣、侵漬処理など様々な方法がありますが、「素人」の場合は乾粉衣か浸漬処理が良いと思います。殺菌剤はかつてはチューラム剤や水銀剤が多かったのですが残留農薬の関係から使用されていないと思います。私はベンレートTなどを乾粉衣したことがありますが、最近は全く殺菌しないで播種しています。乾粉衣はビニール袋に種を入れて、殺菌剤を少々入れた後、袋をふって攪拌します。長期間粉衣したままだと薬害のために発芽しなかったり発芽後に生育抑制されたりすることがあります。このため、私はそのくらいなら面倒なことはやめにしています。でも、播種後にカビが生えるようでしたら種子消毒するか殺菌剤を灌注(じょろでたっぷりと)したほうが良いかもしれませんね。無責任な回答で恐縮ですが、殺菌剤は園芸店で種子消毒用になるものをお求め下さい。
Commented by ロサグリーン at 2011-04-18 14:53 x
返信ありがとうございます。

種子消毒、湿粉衣、乾粉衣、侵漬処理 これらのキーワード自体がとても有力な情報でネットで色々と検索できそうです。
自分なりに勉強してみようと思います。

4月になり暖かくなったかと思うと昨日のような天気は寒くて応えますが、日1日、芽が大きく膨らむ毎日はうれしい限りです。

さて、ポール君がねずみに食べられてしまったのでしょうか?
我が家にもいくつかバラがありますが、そのうち狙われるかな?
でもランブラーはたくましいので、きっと素晴らしいシュートを沢山出してくれるのではないでしょうか。今年も沢山のお花の話題を楽しみにしています。

また、お世話になりますがよろしくお願いします!
by kunimayu2008 | 2011-04-07 09:19 | 宿根草 | Comments(5)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008