京極でのクリスマスローズ

クリスマスローズ  Helleborus spp.

クリスマスローズという名は、原種のHelleborus nigerがクリスマスの頃に咲くのでつけられたのですが、我が国ではオリエンタリスを中心に全ての種類を総称しています。市販されているクリスマスローズのほとんどがオリエンタリスを中心とした交配種で、通常の草花とは異なってF1ではなく、自殖などによる固定もされていません。このため、市販されている未開花の苗は何が咲くかわからないのが普通です。八重同士の交配種でも一重が出たりセミダブルが出たりしますし、シェードを期待して購入しても開花してがっかりすることもあります。

同じものが咲くことがないことが楽しみでもあり、大変高価な株が出てくることにもなります。かつては、ネットオークションで何万円もすることもありましたが、最近は大分落ち着いてきたようですね。珍しい株が組織培養で大量増殖されたこともあるのかもしれません。

さて、そんな高価な珍しい株が「全く植えられていない」京極のクリスマスローズを紹介します。ガーデン内には100株以上は植えられているのですが、ほとんどが赤系のシングルです。
まず、以前にも何回か紹介したことがあるニゲル(Helleborus niger)です。札幌では丁度雪が無くなる頃に咲き始めて、花のない時期に咲いているので、通る人が立ち止まって不思議そうに見ていきます。しかし、雪の多い京極では雪の下で押しつぶされて咲いてしまっていて、雪が無くなる頃には変色しはじめています。
d0143719_9572157.jpg

純白から次第に緑色に変色しますが、その期間は大変短くすぐに赤色に変わっていきます。
d0143719_1033274.jpg

濃いピンクに変色した後、褐色になって枯れていきます。その頃から新しい葉が出てきて、観葉植物としても楽しめます。この時期に古い葉は切除した方が見栄えが良くなります。
d0143719_106348.jpg

レッドレディという品種名の付いた種子を購入したのですが、これは珍しく全てシングルの赤系でした。赤色の薄さや花の大きさに変異がある程度でした。沢山発芽したので、ガーデン内にいっぱい植えましたが、最近ではこぼれ種で結構増えてきて群落を作るようになってきました。
クリスマスローズの種子は発芽抑制物質があることや低温発芽性があるので、購入した種子は苗床を冷蔵庫に入れておくか秋口から戸外に置いておく必要があります。お勧めは取りまきが一番です。
d0143719_10115073.jpg

d0143719_10124594.jpg

クリスマスローズのほとんどがうつむき加減で咲くので、手を添えてやらないと写真が撮れないのが不便ですねー。でも、最近はかなり上向きに咲くものが出てきましたが。
d0143719_1015174.jpg

花びらは実はがく片なので、通常の花とは異なって落ちることはなくずっと咲いています。花の中央の蜜腺が花弁にあたり、これが花弁になったものがセミダブルやダブルになりこの部分が開花終了時に落ちてしまうので最後はシングルになってしまいます。
d0143719_10184083.jpg

ルーセブラックという名前が付いた品種です。
d0143719_10194577.jpg

黄色種と言うことでしたが、薄い黄色でしたね。最近は本当に黄色い種類も市販されるようになってきましたが、黄色種の改良はかなり難しいようです。
d0143719_10214638.jpg

気持ち悪いと言う人もあるかもしれませんが、結構気に入っています。
d0143719_1024590.jpg

京極では珍しいダブルです。花付が大変良くて、このくらい咲いてくれれば、花の多いこの時期でも結構楽しめます。
d0143719_1025479.jpg
d0143719_1026271.jpg

有茎種のステルニーのシルバースターという品種ですが、京極ではステルニーなどの有茎種の越冬性は劣るようでなかなか咲いてくれません。
d0143719_10284431.jpg

[PR]
Commented by tantan_quelle at 2011-06-02 06:55
クリスマスローズを色違いでこんなにたくさん揃えてられる所が流石だなぁと思います。
どれもそれぞれ雰囲気が違って良いなぁと思いますが、私は白が一番名前にも合っていて好きです。
クリスマスローズと一緒に写っているのはヒヤシンスですか?
こちらも色とりどりで綺麗ですね。
Commented by kunimayu2008 at 2011-06-07 10:01
今年は春先の気温が低かったせいか、ヒアシンスの開花期間が長いような気がします。tantanさんのブログに最近花がアップされることが多くて楽しんでいます。これからもヨーロッパの庭などの写真を楽しみにしています。
Commented by tantan_quelle at 2011-06-07 19:00
ありがとうございます◎
お気づきかもしれませんが、以前のお庭のお花シリーズで一番最初に載せていた濃いピンクの花の正体が判明したので、後の記事に追記を書きました。
後で私の職場付近の野花をアップする予定です♪
by kunimayu2008 | 2011-05-29 10:35 | 宿根草 | Comments(3)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008