堆肥作りも野菜園も本格化

6月も半ばになると、昨年に積み込んだ堆肥が使えるようになります。雑草や枯葉にご近所の乗馬クラブの馬糞を混ぜて堆肥を作ります。奥のシートが堆肥場、手前が狭いながらキッチンガーデンとなっています。
d0143719_8435445.jpg

堆肥場にはいつもアオダイショウが居ることが多く、ヘビ嫌いの私は毎回ドキドキしながらシートをめくります。今日も、小さめのがとぐろをまいていました。ネズミを取ってくれるのですが、昨年はせっかく巣作りしていた小鳥の卵と雛を食べてしまったこともありました。つっつくとすごすごとどこかに行ってしまいましたが、最近では縄やホースを見ただけでどきっとします。
d0143719_8484189.jpg

一昨年から、一番奥に野菜園を開墾しました。今年はここに枝豆や実取り用のエンドウを播きました。グリーンピースを沢山とって冷凍にしておきます。昨年は放任しておいたため、収穫は少なめでしたので、今年はちゃんとネットをかけることにしました。
d0143719_852360.jpg

ムスカリの球根は良く増えるので、夏場に葉が枯れると掘り上げてあちこちに植えています。白の品種はホワイトガーデンに植えるようにしていますが、青色の球根が混ざってしまいます。
d0143719_855159.jpg

芝生やキッチンガーデンの縁取りにムスカリが重宝します。夏には葉がなくなってすっきりするのですが、品種によっては秋に葉が出てきて、春先にその葉が暴れてみっともないのが欠点かな。
d0143719_91351.jpg

d0143719_91283.jpg

ファンタジークリエーションという品種は花がもこもことしていてきれいですが、この品種も春先に葉が暴れます。
d0143719_92476.jpg

ヘビで思い出したので、ヘビ柄模様のフリチラリアを追加します。
d0143719_963341.jpg

白も良いのですが、どうも生育が劣るようで次第に少なくなってきました。
d0143719_973677.jpg

ウバウルビスという種類はヘビ柄はなくて小さめの花が咲きます。全般に球根植物の中では、フリチラリアは生育が劣るようで最近めっきり減ってきました。
d0143719_9103653.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2011-06-12 09:10 | 球根植物 | Comments(0)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008