クラブアップルの開花

クラブアップル  Malus 'Van Eseltin'

北海道にはエゾノコリンゴという野生のものがありますが、観賞用のクラブアップルの栽培は少ないようです。リンゴ栽培農家にとって、野生のエゾノコリンゴなどは病害虫の温床になるので嫌われるせいかもしれないなあと思ったりしますが、多分関係ないでしょうね。
京極には数本植えていますが、毎年雪折れのために次第に小さくなってちっとも咲いてくれません。
でも、写真のVan Eseltinという品種は生育旺盛で少々の枝折れでもなんとか大きくなって毎年咲いています。
d0143719_8422540.jpg

写真の真ん中に隙間が出来ていますが、今年の雪のために大枝が根元からぽっきり折れてしまったためです。
2003年に京極で庭造りをはじめた頃に植えたときはこんなに小さくて。この頃は、ススキの原っぱを開墾しながらでしたので、ろくに元肥もやらずに植えていましたし、冬囲いも不十分でした。
d0143719_8535126.jpg

それでも、2005年頃からぼちぼち咲き始め大きくなりつつありました。ところが、この頃から枝が折れたり、春先にネズミやウサギに噛まれはじめ受難の時期を迎えました。それでも、立ち性リンゴや果実用リンゴに比べれば成長は良い方でした。
d0143719_8565028.jpg

この品種は、果実が小さくて秋の見栄えは良い方ではありませんが、花がとても美しく大きいので毎年この時期になるのが楽しみです。
d0143719_8591154.jpg

d0143719_8593632.jpg

八重で、ピンクがきれいで、蕾の時の赤色もかわいいもんです。
d0143719_91626.jpg

d0143719_912059.jpg

[PR]
Commented by tantan_quelle at 2011-06-16 19:35
小さくて八重でこんもりとしてとってもかわいらしいお花ですね。蕾の濃い色も好きです。

害虫と言えば、うちのプランターの一つに虫がついてしまいました。サラダ菜・韓国紫蘇・春菊と植えていたプランターで、白いアブラムシ小の虫が大量に発生し、サラダ菜を枯らしてしまいました。匂いがキツイのが嫌なのか紫蘇を通り越して春菊へつきましたが春菊は強かったようでやれやれです。お友達に牛乳を霧吹きで掛けると良いと聞きやってみると効き目があったようです。
日本の紫蘇の苗を分けてもらったのでサラダ菜を植えていた場所に植え、虫が来ないことを願っています。
ニンニクを隙間に植えると良いと聞き、それも試してみようかと思っています。
Commented by kunimayu2008 at 2011-06-18 17:51
牛乳の霧吹きで効果があるなんて、幸運ですよね。京極では、今年はアブラムシやら毛虫やら、虫でいっぱい!春先はカメムシで悩まされました。毎年秋口にどこかから家の中に入ってくるのですが、今年は春先にどんどん入ってきて閉口しました。
by kunimayu2008 | 2011-06-14 09:05 | 花木 | Comments(2)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008