シュウメイギク

ようやく、秋らしくなりましたが、それでも例年より気温が高めで宿根草がまだまだ元気に育っています。
秋の代表的な宿根草、シュウメイギクです。良く増えるので我がガーデンではのびのびとどんどん広がっています。
d0143719_1174910.jpg

d0143719_1185475.jpg

白の一重をあちこちに植えていますが、開花期間が長くて霜が来るまで咲き続けます。
d0143719_11105310.jpg

薄いピンクの品種ですが、こちらの生育は少し劣るようです。
d0143719_11125276.jpg

赤と言うことで購入しましたが、濃いピンクでした。アネモネの仲間と言うだけあって、花だけ見るとアネモネそのものですね。
d0143719_11141823.jpg

今年は暖かいせいか、この子の発生が遅れています。接種してあるナメコは全く気配がありませんが、ヒラタケはやっと出てきました。バター炒めにして早速頂きました。大きくなりすぎて虫が入っていましたが、塩水につけて虫を取ってから頂きました。女房は気持ち悪がりますが、キノコの虫なんてへっちゃら。
d0143719_11183279.jpg

[PR]
Commented by のんびりがーでなー at 2012-10-09 19:05 x
きのこの収穫、楽しみですね。シュウメイギクが自由に群生を作れる広さ、いいですね。我が家では広がらないように抑えるのに苦労してしまいます。
Commented by kunimayu2008 at 2012-10-10 09:21
のびりがーでなーさん。シュウメイギクの増え方は尋常ではないのですが、迷惑にならないところ(草のひどいところ)に植えてありますから「勝手に」育っています。キノコの方はようやく本格的に発生するようになってきました。
by kunimayu2008 | 2012-10-06 11:07 | 宿根草 | Comments(2)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008