小さな花

花は小さいですが、群落を作るときれいな花が結構あります。
ワスレナグサは一年草ですが、種子を落として毎年この時期に同じ場所に咲いてくれます。昨年、あまりに多くのワスレナグサがはびこったので種子がつく前にほとんどを除きましたので、今年は少々寂しくなっています。でも、ブログ友達から園芸種でピンクの株を頂いて種子を播いたので、今年はピンクとブルーが混ざって咲いています。
d0143719_8325410.jpg

ブルーの小さな花は可愛くて、群落を作ると一面ブルーとなって大変美しいものです。
ピンクの花は園芸種ですが、以前も自然にピンクの花が発生していました。しかし、今年は頂いた種のおかげで沢山ピンクの花が咲きました。
d0143719_8373884.jpg

ワスレナグサに似たオンファローデスです。非常に丈夫な宿根草で結構増えますので、雑草化の心配もあります。
d0143719_8425686.jpg

十文字の模様が可愛いアーリーアイズという品種があったのですが、耐寒性の点で劣るために、とうとう一昨年からいなくなってしまいました。
d0143719_8432773.jpg

d0143719_8434880.jpg

ベロニカ・レペンスも花は小さいですが、びっしりと白に近い淡いブルーの花がつきます。ロックガーデンに最適なんですがーーー。
d0143719_853127.jpg

d0143719_8533586.jpg

ところが、繁殖力が旺盛で、匍匐性のために芝生を刈っても残ってしまって雑草化します。女房は気に入って残していますが、今年はどんどん増えようとする様子です。ちなみに、以前に行った英国のガーデンの芝生にもびっしり生えていてガーデナー泣かせだとの事でした。ベロニカにはオフィシナリスなど匍匐性のものが多く繁殖力も旺盛なので要注意です。
d0143719_90952.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2013-06-17 08:33 | 宿根草 | Comments(0)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008