人気ブログランキング |

カテゴリ:宿根草( 204 )

今年もモモハキキョウが満開です。小果樹の畑に数株移植したのが始まりでしたが、今やとんでもない広がり方で、少々迷惑気味になってきました。
d0143719_09550298.jpg
d0143719_09555508.jpg
白花も混じるようになってきました。カンパニュラの種子は小さいので風で飛んでいくのでしょうね。
d0143719_09581817.jpg
d0143719_09584864.jpg
今年は、車庫兼ハウスができたので、いろいろ一年草の苗を作りました。中でもナスタチウムとポピーが大当たりで賑やかになりました。
d0143719_10010870.jpg
カリフォルニア・ポピーがこんなに可愛いものだとは驚きでした。
d0143719_10024770.jpg
d0143719_10031342.jpg
姫キンギョソウ(リナリア)も大当たりでした。ひ弱いところがあって倒れやすいのですが、花期も長くて色とりどりで思いのほかの一年草でした。
d0143719_10054074.jpg
今日のにゃんこ。なんにでも入って落ち着くところはさすがに猫です。TVでライオンを鍋に入れる試みをしていましたが失敗でした。
d0143719_10075334.jpg
最近、外に出たがって仕方がないので、時々ひもを付けて出しています。逃亡するとは思えないのですが、デッキの床下に入ると面倒なのでひもを付けて出しています。
d0143719_10095973.jpg

by kunimayu2008 | 2019-07-08 10:10 | 宿根草 | Comments(0)
なんとなく過ごしているうちに、もうすぐ7月になります。ガーデンも花がいっぱいになってきました。
種がこぼれてジギタリスが今年もいっぱい咲きました。雑草のようになってきたので、咲き終われば抜く予定です。
d0143719_14024574.jpg
フランスギクもすでに何年も前から迷惑な雑草となっています。観賞用に輸入されたのですが、今では道端の雑草として我が物顔で増えています。我がガーデンでもホワイトガーデン用に移植したのですが、今では最大の雑草として君臨しています。毎年、花が終わったら抜き取っていますが、株もとに残ったのが「しぶとく」生き残って毎年咲いています。
d0143719_14082501.jpg
ホワイトガーデンも今はフランスギクがメインとなっています。
d0143719_14095174.jpg
今年初めて一年草のリナリア(姫キンギョソウ)の苗を作って植えてみました。なかなか可愛くて気に入っています。
d0143719_14115944.jpg
車庫の屋根を透明のアクリル板にしたおかげで、苗作りや野菜作りに重宝していますが、期待以上だったのはバラ(ピンクノックアウト)が元気で、雨や風にあたらないせいか花数が多く、花も長持ちして喜んでいます。
d0143719_14153894.jpg
まだ、やっとあったかくなった頃ですが、来冬のための薪を購入しました。今年は業者の方に積んでいただいたので崩れることはないでしょう。
d0143719_14181361.jpg
さて、死にそうだった又吉は元気回復。いたずらが一層激しくなってきました。
ストーブの中に何かいるよーと、離れません。
d0143719_14201767.jpg
相変わらず二人は仲良しで、いつもくっついています。
d0143719_14213255.jpg

by kunimayu2008 | 2019-06-28 14:24 | 宿根草 | Comments(2)
最近、薪割りで忙しくて、草取りはもっぱら女房任せで、ブログのアップもサボっています。
今日は、最盛期を過ぎましたがヘリアンテマム(ロックローズ)をアップしました。一般的にはロックローズと呼ばれていますが、アロマテラピーに使われているものは白色のあまり華やかな花ではないと聞いています。
ピンクが一番きれいなので挿し木で増やしましたが、効率がよくありません。挿し穂が古かったのかもしれません。
d0143719_13530592.jpg
黄色は元気でほっておいても増えてくれるのですが。
d0143719_13550761.jpg
白色もあまり元気が良くないような気がします。
d0143719_13562422.jpg
家の軒下にコトネアスターを植えてグランドカバーにしていますが、そこにも黄色のヘリアンテマムを植えています。コトネアスターに負けないで毎年咲いています。
d0143719_13583860.jpg
さて、今年はどういうわけかヤマボウシの花つきが良くてびっくりです。バラも花つきが良いようですから天候のせいでしょうか。
d0143719_14034765.jpg


by kunimayu2008 | 2018-07-24 14:04 | 宿根草 | Comments(0)

三寒四温

暖かくなったと思ったら、雪が積もったりでなかなか雪が融けません。
玄関近くの雪が無くなって、クリスマスローズのニゲルが雪の下でもう咲いていました。
d0143719_09424859.jpg
2株ともきれいに咲いていましたが、まもなく白からピンクに変わってきました。
d0143719_09441849.jpg
d0143719_09443824.jpg
やっと春かと思っていたら、昨日から雪です。久しぶりに真っ白になりました。
d0143719_09461598.jpg
羊蹄山もまたまた真っ白です。
d0143719_09470366.jpg
前回はエゾリスがうろうろしていましたが、今日は子ぎつねが堆肥場付近をウロチョロ。
d0143719_09492076.jpg
堆肥場に生ごみを捨てるせいか、カラスが様子をうかがいに来ます。今日は狐と遭遇。
d0143719_09505866.jpg

by kunimayu2008 | 2018-04-11 09:52 | 宿根草 | Comments(0)

フランスギク

今年もフランスギクが咲きだしました。もともとは滝川からホワイトガーデン用に移植したのですが、そのはびこり方には往生しています。
しかし、この時期のホワイトガーデンにはなくてはならなくて、花が終わるとかなり抜き取るようにしていますが、それでもこのとおり「ちゃんと」咲き誇っています。
d0143719_18333755.jpg
d0143719_18341940.jpg
ホワイトガーデンに咲く花が年々弱っていて、今ではフランスギクがメインみたいなもんです。よく似たシャスターデージーも今年は元気がないようだし、白のデルフィニュームも今年は消えてしまったようだし。
d0143719_18371310.jpg
フランスギクは、江戸時代に観賞用に入ってきたとの記録もあるようですが、北海道の寒冷地に適しているようで、道内の道路わきに大繁殖しています。最近、北海道の指定有害外来種に指定されたようで、野に「放すこと」は禁じられているとのことですが、「いまさら」の感がします。よく見ると「いい花」なんですがねー。
d0143719_18413056.jpg
d0143719_18423225.jpg
外来種といえばルピナスも北海道では、「我が物顔」で繁殖していますが、我がガーデンでも赤やらピンクの綺麗な種類は居なくなって、今では紫のような地味なのしか残っていません。それでも、この時期の花としてはガーデンの色どりにはなくてはならないものとなっています。
d0143719_18451028.jpg

by kunimayu2008 | 2017-06-25 18:50 | 宿根草 | Comments(0)
毎年、広がりすぎるので花が終わる頃には整理しているのですが、今年もはびこりながらもきれいに咲いています。
d0143719_9145035.jpg

d0143719_9154463.jpg

ナデシコのような花が可愛いのですが、ランナーが伸びて広がりすぎますので、花が終わると毎年適当に整理しています。
d0143719_9172283.jpg

八重もありますが、こちらはあまり広がりません。
d0143719_918201.jpg

こちらは、カンパニュラ・ペルシシフォリアの群落です。種子でどんどん増えて今では小果樹園を覆うようになってしまいました。最盛期には本当に美しいのでそのままにしています。
d0143719_9205743.jpg

d0143719_921127.jpg

久しぶりのエレムレスです。植えてから10年近くなりますが、最近では思い出したように咲くようになりました.
球根がヒトデみたいに広がるのですが、他の宿根草に負けるのか次第に咲かなくなっています。それが、今年は2種類が咲きました。
d0143719_9252560.jpg

d0143719_9254120.jpg

by kunimayu2008 | 2016-08-14 09:21 | 宿根草 | Comments(0)

フランスギク

フランスギクは観賞用として導入された宿根草です。シャスターデージーと間違われることがありますが、いまや雑草として全道の道路際にはびこっています。
我がガーデンでも当初はホワイトガーデンに導入したのが最初で、いまやあちこちに広がってしまいました。
この時期のホワイトガーデンには必須ですが、花が終わったころには余分な部分は抜き取るようにしています。
d0143719_09551701.jpg
それでも、この時期になるとこんなに増えちゃったのかと唖然とします。
d0143719_09564900.jpg
増えると言えば、ルピナスもひこばえでかなり増えます。赤とかピンクなどきれいなものは増えないで紫など見栄えのしないものが増えてしまうのが残念です。
d0143719_09591965.jpg
芝生のまわりに広がったフランギクの現在の状況です。花が終わり次第片づける予定です。
d0143719_10010075.jpg
ところで、先週とうとうエンジン式のローンモアを購入しました。充電式などいろいろ検討しましたが、音がうるさいですがエンジン式が安価で使いやすいので購入することにしました。自走式でコンパクトなので女房も大満足のようです。
d0143719_10040728.jpg

by kunimayu2008 | 2016-07-04 10:04 | 宿根草 | Comments(0)

札幌はもう春?

4月ももう間近となりました。札幌の自宅の庭にはクリスマスローズのニゲルがたくさんの花が咲きました。蕾をいれると50くらいはありそう。
道を行き人はエッと驚いて見ている人もいます。
d0143719_12525745.jpg
周りにはまだ雪があるので不思議なんでしょうね。
d0143719_12534664.jpg
先週、京極へ行ってきました。炭化鶏糞など融雪剤を撒きましたが、今年は例年より積雪量が少なめなので、融けるのは早いかもしれません。
早速、通路に雪を撒いて融雪を促進しました。
d0143719_12565366.jpg
でも、雪山はまだまだ大きくて雪がなくなるのは5月までかかるかも。
d0143719_12571072.jpg

by kunimayu2008 | 2016-03-26 12:58 | 宿根草 | Comments(0)

真夏のボーダー

お盆も過ぎてようやく過ごしやすくなってきました。暑くてすっかりブログの入力をさぼっていましたが、久しぶりの入力です。
ボーダーガーデンは東西の境界線に広がっています。今回は、東側のボーダーの現況を紹介します。
ミソハギ、ホリホック、ヘメロカリス、サポナリアが現在の中心となっています。
d0143719_7593865.jpg

ヘメロカリスは2種類が開花中です。
d0143719_841029.jpg

d0143719_844755.jpg

サポナリア・オフィシナリスが満開です。増えすぎて困りものですが、この時期にはなくてはならない宿根草です。
d0143719_87927.jpg

d0143719_873491.jpg

2年草のサルビア・スクラレアも昨年移植したものが開花しました。ちゃんと種取して播いておかないと絶えてしまいます。最近は、一年おきに開花するようになってしまいました。
d0143719_8102485.jpg

by kunimayu2008 | 2015-08-17 08:10 | 宿根草 | Comments(2)

ルピナス

ルピナスは北海道に適した宿根草ですが、種を着ければ比較的短命な宿根草と言えます。我がガーデンでも、10年近く前に園芸種を植えてから放任しているために、世代が交代して今ではすっかり野生化してしまいました。
北海道の離農した跡地には、あちこちに野生化したルピナスの群落が見られますが、我がガーデンもまさに同じ状態になってきました。
d0143719_13264748.jpg
d0143719_13272704.jpg
野生化すると青色の株が増えてきます。最近は、少しづつ青色の株を取り除いています。
d0143719_13294537.jpg
そのせいか最近はピンク色の株が増えてきたように思います。
d0143719_13312355.jpg
d0143719_13320985.jpg
赤色や白色の株が少ないのでもう少し増えないかと思っています。
d0143719_13332152.jpg

by kunimayu2008 | 2015-07-13 13:33 | 宿根草 | Comments(0)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008