<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ボーダーガーデンの主役が、アクィレギアからジョチュウギクの親戚クリサンテマムが主役になりました。まもなく、サルビア、ホリホック、ジギタリス、ベロニカなど背の高い種類が主役になります。今週の日曜日には、いよいよ娘の結婚披露パーティが京極で行われます。除草や草刈りなど準備はなんとか終わりましたが、会場設営に明日から京極に行きます。今年は、おかげで例年になくガーデンがきれいになりました。
d0143719_9393051.jpg

ホワイトガーデンからボーダーガーデンを見たものです。ホワイトガーデンの現在の主役はフランスギクと白のルピナスですが、まもなく白のゲラニウムが参加します。
d0143719_9484985.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-27 09:50 | ガーデン | Comments(0)
私たちで「樹林区」と名付けている林の方を見て頂きますが、3年前に植えたヒッコリー(左の樹木)がだいぶん大きくなってきました。今年の春先にネズミに幹の根元を食われて「環状剥離」状態だったので心配したのですが、なんとか無事に芽を出してくれました。今年こそ、実がなるのを楽しみにして居るんですが。
d0143719_16452599.jpg

樹木が大きくなるに従って、毎年間引いているのですが、もう少し切らないと日陰で草花が育ちにくくなってきました。特に、白樺は根が張りやすく、養分をほとんど吸ってしまうので困りものです。柳を切って白樺を残すようにしているのですが、そろそろ白樺も間伐しなくては。写真は「樹林区②」からハウスを見たものです。パーゴラは会社の友人達が廃材で作ってくれたもので、ようやくなじんできました。来年には藤棚になってくれるのを楽しみにしています。
d0143719_16524645.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-26 16:54 | ガーデン | Comments(0)
花を植えることに躍起になっていて、野菜畑は適当にやっていましたが、今年は新鮮な野菜を食べたくなって色々と植えています。昨年、ズッキーニの花の天ぷらが気に入ってしまって、今年は2株に拡大したほか、豆類、ニンジンなどの根菜類などなど。写真の囲いはアスパラガスをわんちゃん(黒い方)から守るためのものですが、辛み大根を引っこ抜いてきたり、サヤエンドウをもいできたりで、これからはイチゴをとられないかと戦々恐々。
d0143719_14152650.jpg

今日現在のホワイトガーデンです。新たに、ルピナスとゲラニウムが加わってきました。このあと、デルフィニウムやインカルビレアなどが加わる予定です。娘の結婚披露パーティまであと一週間。草取りと環境整備が佳境に入ってきましたが、半分あきらめています。30人くらいが参加予定ですが、見えるとこだけきれいにしようとがんばっています。
d0143719_14213486.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-22 14:23 | ガーデン | Comments(0)

先週のお答え

先週に、ハウスの斜面に植えられたグランドカバーの種類についてお聞きしましたが、わかりましたでしょうか?もう一度写真をお見せします。
d0143719_9371031.jpg

答えは、ムラサキの花がゲラニウム・ビルウォリス、青がアジュガ、ピンクがラミウム、つる植物がコトネアスターです。その他、端っこにジギタリスの苗やシダ植物が見えます。
[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-21 09:51 | 宿根草 | Comments(0)
ようていガーデンにはアクィレギアが十数品種植えられていますが、お気に入りを紹介します。数年前にイギリスのチェルシー・フラワーショーに2人で行ったときに、種子を購入してきた品種です。この品種は、草丈も高く花付きがよく、開花も早いので一番目立ちます。
d0143719_1557253.jpg

八重の品種です。八重の品種が最近では圧倒的な人気のようで、園芸市では良く売れているようです。
d0143719_15594359.jpg

以下の2品種は一重ですが、リップが大きくて見栄えが良く、花束のように咲くので「写真写りの良い」品種と言えます。アクィレギアは、こぼれ種で雑草化して、先祖返りの見栄えの悪い株で占められることが多いのですが、これらの品種は種が付きにくいのかそのようなことは今のところありません。
d0143719_1672471.jpg

d0143719_1674255.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-17 16:09 | 宿根草 | Comments(0)
ようやく、ホワイトガーデンにエレムルスやフランスギクが咲き始め、白色が目立ち始めました。右奥にテマリカンボクが開花し始め、まもなく白のデルフィニウムも咲くでしょう。
d0143719_13481687.jpg

東京から友人が来て、泊まっていきました。今年の夏はお客さんが一杯来るので、忙しくなりそう。特に6月末には娘が結婚披露宴を京極でしたいとのことで、イタリアン・シェフの出張サービスを予定しています。雑草ばかりを見せるわけにも行かないし、草刈りもしておかなくては。
d0143719_13494590.jpg

札幌ではすでに開花が終わったクレマチス・モンタナがようやく咲き出しました。一昨年、白樺に巻きつけておいたのですが、雪のせいか少々もの足りません。モンタナは旧枝咲きなので、前年のツルが切れてしまったからなのでしょう。
d0143719_13551563.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-15 13:57 | ガーデン | Comments(0)

晩春の花々

最初に、最後のスイセンです。ホワイトガーデンに最後のスイセンが咲き出しました。小輪で中央にかわいいリングが見えます。
d0143719_15434988.jpg

裏庭の花壇を飾っていたレウィシアもそろそろ終わりに近づき、初夏の花サルビアが咲き出しました。
d0143719_15505523.jpg

同じく、初夏の花、ヒペリカム・セラストイデス(黄色)とベロニカ・プロストラータ(ブルー)です。ガーデンハウスの斜面をカバーしており、おかげで、雑草は生えてきません。
d0143719_15554589.jpg

同じく、ハウスの斜面に植えられている宿根草ですが、何種類あるかわかりますか?答えは4種類ですが、目のいい人は6種類と答えるかもしれません。種類の名前は次回に。
d0143719_16271.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-10 16:07 | 宿根草 | Comments(0)
ホワイトガーデンも少しずつ白っぽくなってきました。もうすぐすると、フランスギクがうるさいほど咲き出します。
d0143719_9423166.jpg

ユーフォルビア・ポリクロマ(たぶん!)は、春の真っ盛りに咲き、少しずつ背が伸びて春が終わる頃まで咲いてくれます。独特の透明感のある黄色が特徴的で、あちこちにこぼれ種が落ちて咲いてくれます。手前の株は知らないうちに(除草が追いつかないので、生えていたのも気がつきませんでした!)、今年咲いていました。
d0143719_9481411.jpg

同じユーフォルビアでマツバトウダイですが、これが欲しくて園芸店でやっと見つけた貴重品(当時は!)で、小さな黄色花がかわいい、どちらかと言えばワイルドな種類といえます。2年目にこぼれ種で少し増え大喜びしましたが、3年目から雑草と同じ扱いになりました。同じく増えやすいアジュガとの競演です。
d0143719_953088.jpg

こぼれ種といえば、これでしょうね。ワスレナグサです。知らないうちにちょっとした群落を形成し始めました。女房が大好きで、あちこちに生えているのを集めているようなので、来年はいたるところでワスレナグサの群落が見られるかもしれません。
d0143719_955254.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-08 10:02 | 宿根草 | Comments(0)

春の花。レウィシア

これまでにも度々登場したレウィシアの特集です。イワハナビとも言うそうですが、独特の姿と花色が他にないものが多く、我がガーデンの春を華やかにしてくれるお気に入りの宿根草です。夏の暑さに弱いのに、日照不足は苦手のようです。今年の春は気温が低いので、レウィシアには最適なようです。
d0143719_13335416.jpg
d0143719_13345626.jpg

d0143719_1336391.jpg
d0143719_1337849.jpg

d0143719_13414643.jpg

d0143719_13424289.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2008-06-01 13:44 | 宿根草 | Comments(0)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008