<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

11月19日から4日間毎日降り続けて、40cm位積もりました。昨年もこの時期に降り続けて根雪になりました。まだ少し仕事が残っていたのですが。
d0143719_11131328.jpg

奥まで見渡せるようになりました。新雪は気持ちの良い物ですが、これで、除雪しか仕事が無くなって寂しくなりました。
d0143719_1117241.jpg

d0143719_11174213.jpg

わんちゃんも散歩。雪が降ってわんちゃんは大喜びです。
d0143719_11191851.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2009-11-25 11:20 | ガーデン | Comments(0)

根雪前の生育

宿根草や球根植物には寒くなっても根雪になるまで生育を続けるものがあります。雪が降る頃になっても地温はなかなか下がらないために、低温に強い種類は根雪前まで緑色を保っています。
レウイシアは、夏の暑い時期に生育は停滞して葉がどんどん枯れてきますが、涼しくなる頃から生育を再開してどんどん大きくなります。
d0143719_11493534.jpg

5月末から6月一杯咲いてくれます。葉が厚いので耐寒性が無いように見えますが、寒さに強く雪の下でも緑色が保たれ雪解けとともに花芽ができます。
d0143719_11525586.jpg

ジギタリスも低温に強い宿根草です。寒さにあたらないと花芽が出来ないので、春に播いた苗は翌年にならないと開花しません。なかには、毎年開花する種類もありますが、大部分のジギタリスは2年生と言えるくらい寿命の短い「宿根草」ですが、種子を付けないように早めに花茎を切除すると寿命を延ばすことが出来ます。我がガーデンでは放任していますので、毎年落ちた種であちこちで咲いてくれます。
d0143719_1212012.jpg

球根植物ですが、アネモネ・フルゲンスは開花後夏には地上部は全て枯れてしまいますが、11月から葉が出始めて雪が降るまで生育します。葉はそのまま緑色のまま雪の下になります。
d0143719_1243444.jpg

雪解けとともに花芽が出来て、5月頃に一斉に開花し始め1ヶ月以上楽しめます。
d0143719_126251.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2009-11-24 12:08 | 宿根草 | Comments(0)

11月16日。最後の仕事

冬囲いもほとんど終わり、最後に宿根草などの枯れ草の整理をしています。去年までは、冬囲いが終わる頃に積雪が始まって枯れ草の整理はほとんど出来ませんでしたが、今年は仕事を辞めて時間が取れるようになったことと根雪が遅いことから枯れ草の整理がすすんでいます。
枯れ草の整理によって、来年の春が楽になるばかりでなくネズミの巣作りも少なくなるのではないかと期待しています。本当は、もっと早くすれば宿根草の根元に光を入れて株の成熟を促す効果もあるのですが。
d0143719_1751688.jpg

このところ、雨が多く時々雪になったりと天候不順な日が続いています。ときどき、晴れ間が見えたときに仕事をしています。虹がきれいに見えるときもありますが、のんびり虹を見る暇はありません。
d0143719_1756840.jpg

最後の花として一年草のイベリスのキャンディタフトが雪の中、まだ咲いています。こぼれ種から毎年咲いてくれる便利な花です。前年の種から春に咲いて、夏の種で秋に又咲いてこの時期まで咲いてくれます。
d0143719_183236.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2009-11-16 18:03 | 宿根草 | Comments(0)

枯葉

白樺などの葉が全て落ちてガーデンは枯葉でふかふかになりました。この土地は離農して約10年、そして白樺や柳が生え始めて数年ですから、枯葉の深さはそれほどでも無いかもしれません。しかし、最近白樺などの木々が大きくなり枯葉の量も増えました。おかげで、自然にできた腐葉土でガーデンが覆われるようになってきました。
d0143719_1349142.jpg

ガーデン内に自然に生えていた白樺を中心に柳やカラマツを残しておいて本当に良かったと思っています。最近ではモンタナマツ、プンゲンス類、ヒバ、エゾマツなど多くの種類の木を追加したので奥の方は森のようになってきました。おかげで、宿根草などの生育が抑制されるようになってきましたが。
d0143719_13533349.jpg

腐葉土や堆肥作りに枯葉を利用できるのがなによりです。今年は、近くのポニー乗馬園ができて馬糞をたくさんいただけるので良質な堆肥が出来るようになりました。これを使って現在マッシュルームに挑戦中です。また、間伐した白樺と柳でナメコとヒラタも栽培しています。
「ラズ」は不思議なわんちゃんでのんびりとマイペースなんですが、集めている落ち葉の上でひなたぼっこしていました。
d0143719_1425878.jpg

最後に、メギの赤い実が宝石のようにきれいなので追加しました。
d0143719_144317.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2009-11-11 14:07 | ガーデン | Comments(0)

11月5日。最後の花。マム

積雪のあった先週の後は毎日15℃を上回る暖かい日が続いたおかげで、キクがまだまだ元気に咲いています。そのうち、今年植え始めたポットマムを紹介します。
これは品種名が不明なのですが、どうやらスプレーギクのようです。スプレーギクはヨーロッパで育種された物が多くてほとんどが本道では越冬できないようです。なんとか、来年も咲いてくれるように願っています。
d0143719_11104439.jpg

クッションマム・アスティックという品種で雪が降る頃にようやく咲き出しました。クッションマムの多くがやはり越冬しづらいようです。
d0143719_11142862.jpg

クッションマム・アトロです。これは、開花が早く、雪が降っても傷みが少なく、本当に開花期間の長い品種です。また、こんもりと咲いて姿も良く、花色もシックな色でなんとか来年も咲いてくれるように願っています。
d0143719_11183733.jpg

クッションマムよりやや大きめのマム・セイポゴです。華やかな色合いで中輪の美しい品種です。和菊の方が越冬しやすいのですが、下葉が枯れる品種が多いようです。早めにピンチして草丈を伸ばさない工夫が必要かと思います。スプレーギクは切り花用として美しい品種が多いのですが、耐寒性が劣るようです。耐寒性のある品種を探したいと思っていますが、枯葉をかぶせるなど工夫もしてみたいと思っています。この時期に楽しめる花が少ないので、努力してみます。
d0143719_11272745.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2009-11-10 11:29 | 宿根草 | Comments(0)

10月31日。里にも初雪

10月の最後に日に、とうとう雪が降ってしまいました。冬囲いを始めたばかりなのに。お昼頃に2℃くらいまで温度が下がり始めちらちらと雪が降り始めました。
d0143719_14224040.jpg

みるみる、つもり始め芝生が白くなってきました。
d0143719_1423508.jpg

樹林区の方も一面真っ白に。それでも、夜に低気圧が来て大雨が降って朝起きると雪は消えていました。でも、氷が張っていたし、大変寒かった。この日は冬囲いを中止して札幌に大急ぎで帰りました。なにぶん、スタッドレスに履き替えていないので、中山峠が心配でした。明日(11月3日)から再び寒気がやってくるそうなので、早めに履き替えようかと思っています。
d0143719_14281636.jpg

[PR]
by kunimayu2008 | 2009-11-02 14:30 | 羊蹄山 | Comments(0)

退職後に始めた2300坪の庭造り


by kunimayu2008