2007年真夏の花

緑葉のスモークツリーが見事になりました。花がやや赤っぽいので夕日で一層色づきます。銅葉もあるのですが、開花量は緑葉にかなわないようです。
d0143719_9181916.jpg

入口にラベンダーを植えていますが、整枝を怠っているためかいまいちですが、今年はまずまずでした。奥の赤い花は宿根スイートピーです。
d0143719_9231695.jpg

宿根スイートピーは冬には地上部が枯れて、整理しやすく、夏には雑草にも負けずにどんどん伸びてくれますので京極にはぴったり。白花の品種も清楚でホワイトガーデンを彩ってくれます。最初に見たのは小樽のA園芸というマニアックな園芸店でした。電話をかけて行ったのですが、社長自ら案内して下さり一番勧めて下さったのが宿根スイートピーでした。崖に植えられてあったのは見事でした。
d0143719_9291145.jpg

左のツル性植物はホップですが、残念ながら雄株だったのでチンケな花しか咲きません。K町まで行って購入したのですが、挿し木でなく種子からだったようです。雌株を挿し木して販売して欲しいものです。右側の大きいアザミはオオヒレアザミで、スコットランド王の紋章になっているものです。2年前にホワイトガーデンに植えていたですが、2年草なので枯死したのですが、いつの間にか種子が運ばれてかってに生えてきました。葉が痛くてバイキングさえ逃げていったと言うことでスコットランドを救った花として紋章になっているようです。開花後の後始末が大変でした。
d0143719_93859.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2008-03-14 09:40 | 宿根草 | Comments(0)

ヒューケラの紹介

ツボサンゴと称され赤い花(実際には萼)がきれいな品種と花よりもカラーリーフ・プランツとして利用されているものがあります。この品種はアメリカーナと言われているもので赤い花の開花期間も長く葉も楽しめます。
d0143719_11105290.jpg

シルバースクロールという品種で銅葉にシルバーがのっているきれいな葉をしています。左側のオレンジの品種や、奥の大きな緑葉の品種などを組み合わせると面白いボーダーが作れます。
d0143719_11152985.jpg

ストロベリー・スワールという品種でピンクの花がきれいで、葉も淡い斑入りで初夏には涼しげで好きなヒューケラの一つです。ヒューケラはカラーリーフとして人気上昇中ですが、もう少し安くなっても良いのですが。
d0143719_1122584.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2008-03-05 11:24 | 宿根草 | Comments(0)

春の黄花

春に咲く黄色の花を紹介します。ヒペリカム・オリンピクムです。わい性のヒペリカムで20cm位になりグランドカバーに向きます。灌木のようになりますので、雑草にも強い強健種です。
d0143719_930131.jpg

左がベロニカ・プロストラータで、右がヒペリカム・セラストイデス。セラストイデスは葉に毛じがあり柔らかい葉で匍匐するように広がります。大株になると中央が枯れてきますので、適宜株分けの必要があります。ロックガーデンやグランドカバーに最適です。
d0143719_9362095.jpg

キングサリです。英名でゴールドチェインと言い、イングリッシュガーデンのアーチなどに多く使われています。本道でも見かけることがあるのですが、まだまだ普及しても良い花木ではないかと思います。
d0143719_957375.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2008-03-04 09:59 | 宿根草 | Comments(2)

4年前に英国でガーデン巡りをしたときに、強く印象に残った花がヘリアンテマムでした。ハンニチバナと言われるように、一つの花の寿命は短いのですが、なんといっても花数の多いことです。最盛期の6月にはピンクで染まります。赤、ピンク、白、黄色程度の花色で多くはありませんが、開花期間は約1ヶ月有りグランドカバーとしても良いと思います。
d0143719_1255395.jpg

一般にロックローズと言われ、アロマテラピーに使われますが、それはアペンニナムという白花の比較的地味な種類を指すようです。本種はヌンムラリウムです。
d0143719_1312163.jpg

この種類もほとんど園芸店では市販されておらず、道内では滝野スズラン公園で見た程度です。珍しい宿根草を手に入れるのは難しく、種子を入手して自分で苗を作るしかないようです。
d0143719_137443.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2008-03-03 13:07 | 宿根草 | Comments(0)

ホワイトガーデンは作り始めて4年目になり、ようやく定着する種類が多くなり、生育旺盛なものも多くなってきました。
d0143719_173891.jpg

手前がキャットミント・アルバで、左側がフロックス・ディバリガータ・ホワイトです。
d0143719_17412491.jpg

中央がエレムルスでホワイトガーデンのシンボル的存在になってきました。ヒトデのような球根でなかなか繁殖しないようで、絶えないように気を遣っています。右側がギンフミズキで斑入りの葉がきれいで、ガーデンの立体化に重要な役割を果たしています。
d0143719_1749456.jpg

球根植物のインカルビレア・アルバ。耐寒性もあり開花期間も比較的長い。ピンクや赤もあり本道でもガーデン用としてもっと普及しても良いのにと思っていますが、市販されているのを見たことがありません。種子から栽培しました。
d0143719_17541640.jpg

[PR]
# by kunimayu2008 | 2008-03-01 18:00 | ガーデン | Comments(0)